アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

寒い日に心も温まるスイーツ♡野菜ソムリエ直伝!基本の焼きりんご&アレンジレシピ

/

料理研究家・野菜ソムリエのsachiです。日に日に寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回は、こんな季節にぴったりな、りんごで作る簡単あったかスーツ、『焼きりんご』をご紹介します。

目次

寒い日にあったかスイーツ!焼きりんごのレシピ

日に日に寒くなってまいりましたが、秋に収穫期を迎えるりんごは、これからの季節が最も活気づいてきます。こんな時期にオススメしたいスイーツが、『焼きりんご』です。

今回ご紹介する『焼きりんご』は基本的な作り方なので、至ってシンプル!りんごにシュガーバターを乗せて、オーブンで焼くだけです。少ない材料でとっても簡単に作れ、しかも美味しい!

熱々に焼けたりんごに冷たいアイスを絡めて食べると、それはもう、ほっぺたが落ちるくらい至福の美味しさです♡うちの息子は、小さい頃からこの『焼きりんご』が大好きで、毎年この時期になると、必ず作るおやつの一つでもあります。

材料(2人分)

りんご 1個
バター 大さじ2杯
グラニュー糖 大さじ2杯
レモン汁 小さじ1/2杯
バニラアイス 30g
ミント 2枝

下準備

・バターを常温に戻し、りんごも冷暗所で保管していた場合は、常温に戻しておきます。

・オーブンを200℃に予熱しておきます。

作り方

① バター・グラニュー糖をボウルに入れて混ぜ合わせ、レモン汁を加えてさらに混ぜ合わせておきます。

※レモン汁は分離しやすいのですが、だいたい混ざっていれば大丈夫です。

② りんごはよく洗って縦半分にカットし、種の部分をくり抜き器や計量スプーン等でくり抜いておきます。リンゴの座りが悪い場合は、断面の反対側を、断面に並行に少し切り取って、安定させます。

③ ②のりんごをそれぞれグラタン皿に入れ、①のシュガーバターを半量づつ窪みに詰めて、予熱が完了したオーブンに入れて、25~30分焼成します。

④ 焼き上がったら、バニラアイスを添えて、その横にミントの葉を添えたら完成です!お好みで、シナモンを振っても美味しく頂けます。

焼きりんごの食べ方アレンジ

熱々のりんごに冷たいバニラアイスを絡めて頂くと、それはもう、至福の美味しさです。大人の方には、①の段階で、ブランデー、ラム酒、グランマニエ、カルバドスなど、お好みのアルコールを少量加えると芳香な香りに仕上がるので、オススメです。

また、①にブランデーやラム酒に漬けたドライフルーツ、ナッツなどを混ぜ込んでアレンジしても美味しいですよ~♪基本の作り方を踏まえた上で、自分の美味しい食べ方を探ってみるのも楽しいですね。

りんごの栄養素

季節のくだものにはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。また、りんごに含まれるリンゴ酸は、体内でエネルギーを作り出すクエン酸回路を活性化させるため、代謝が上がり、素早い疲労回復が期待出来ます。

他にも、皮に含まれる赤い色素のアントシアニンは強い抗酸化力がありますし、β−カロテンや葉酸、ビタミンCも多く摂取できるので、今回のような皮ごと食べられる調理法はオススメです。

寒い日のおやつにはぜひ、この『焼きりんご』を作って、あったかなティータイムを楽しんでみては、いかがでしょうか?

「#りんご」の記事をもっと見る



この記事の著者

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録