アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
GU ブラウン プルオーバー

GUのトップスが超優秀♡とりあえず買って間違いなし!万能ニット着回し7style

/

  • 33389 views

起毛リブ素材で着るだけであたたかく、シンプルデザインだからこそ、着回しのきく1枚!キレイめからカジュアルまで幅広く活躍してくれること間違いなし!ブラッシュドリブハイネックプルオーバーを軸に、大人女子が着る1週間コーデをご紹介いたします。

目次

GUのブラッシュドリブハイネックプルオーバー

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU ブラウン

商品名:ブラッシュドリブハイネックプルオーバー
価格:¥1,990(税込)
カラー展開:39 DARK BROWN(写真)ほか、全4色展開。

触れた瞬間温かく感じる起毛リブ素材なので、ひんやりしだした今にピッタリなニット。

身体のラインは拾わないので、大人女子でも着やすく、合わせやすい形となっています。

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU レビュー

前後で裾の長さが違います。

裾も少し広がっていて、さりげなくデザイン性が高いのでインでもアウトでもどちらで着用してもサマになります。

着回し1.ブラウンでワントーンコーデ

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ チェックパンツ

秋が深まる季節に合わせたいブラウンチェックパンツ。

重くなりがちなダークブラウンも、チェック柄合わせだと、締め色との役割を担って大人キレイめな仕上がりになります。

全体的にブラウンのワントーンで合わせて、まとまりあるコーデに。

着回し2.色使いでメリハリを

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ  タイトスカート

先程のコーデとは対照的に“色”を使ってメリハリを。タイトスカートにタックインして、すっきり見せるのがコツ。

アウトでも可愛いものの、インすることによってスタイルアップをはかりたいところ!ボーダーカーディガンをポイントに、目線を上に向けたのもポイント!

着回し3.定番デニムで大人ラフカジに

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ  デニム

定番デニムに、ざっくりニットカーディガン合わせた大人なラフカジコーデ。

ゆるっとした雰囲気の王道カジュアルスタイルですが、デニムは細身のフレアシルエットを選んでキレイめ雰囲気をしっかりキープ。

アクセサリーなどで華やかさも取り入れて、カジュアル過ぎない大人なラフさを意識して!

着回し4.ベストオンで今っぽく

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ  ベスト

ダークブラウン×ブラックのような色のトーンが重いもの同士を合わせると、バランスが悪くなりのっぺりした印象になりがち。

メリハリをつけるためにも対照的な色を加えてコントラストを付けると解消されます。

トレンドのファーベストを取り入れることにより、暗くなりがちな重めトーンも一気に垢抜けコーデに。

首元からも覗き込むハイネックが、視覚的にも防寒されているなと感じるので、これからの季節にもってこいの冬コーデが完成!

着回し5.色のコントラストを楽しんで

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ  ホワイト ブラウン

ホワイトをブラウンで挟み込んで、色のコントラストを楽しむのも◎

一見ホワイトで柔らかな印象のコーディネートも、ブラウンニットとブラウンスニーカーが締め色となり、ぼんやりせずにオシャレさが漂いまとまります。

着回し6.大人なキレイめラフコーデ

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ  フレアスカート

ニットをアウトスタイルで着て、ゆるっとラフに。ボトムスもフレアスカートを合わせて、上下ノンストレス。

柄を取り込み、ブーツを合わせて、キレイめに仕上げて大人な余裕のあるコーディネートが完成します。

裾が広がったデザインのニットなので、アウトにしてもオシャレ見えが叶うのは嬉しい!

着回し7.セットアップでこなれ感を

ブラッシュドリブハイネックプルオーバー  GU コーデ  セットアップ

同じブラッシュドアイテムのスカートと合わせて、セットアップで着ると、より大人な雰囲気となり、オシャレ度もアップ!

シンプルなので、ウエストにベルトをオンしてポイントにすると、ウエストの位置も高く見え、脚長効果が期待できます。

どんなコーデにも馴染むシンプルなニットは、着回しがきき、合わせ方も無限大!あたたかな素材のも、重宝するポイント。

着回しが効いて機能性もある『ブラッシュドリブハイネックプルオーバー』ぜひチェックしてみて下さい♡

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Emi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録