アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
40代こそメイクで変わる!アラフォーの「+5歳老けメイク」vs「-5歳若見えメイク」の差

40代こそメイクで変わる!アラフォーの「+5歳老けメイク」vs「-5歳若見えメイク」の差

/

メイクアップアドバイザーの伊早坂美裕です。年齢を重ねてくると、少しでも若々しく見せたいというのが大人女性の共通のテーマになりますよね。特に、40代は見た目年齢が5歳変わることによる印象の振れ幅が広い年代なので、若見えメイクをものにできれば見違えるほど若々しい印象に見せることができるんですよ!そこで、アラフォーの「+5歳老けメイク」vs「-5歳若見えメイク」のちがいと、若見えメイクポイントをご紹介します。

目次

+5歳老けメイク

+5歳に見えてしまう老け見えメイクのポイントはたくさんあるのですが、特に40代がやりがちなポイントをご紹介します。

まずは、色の濃淡がないのっぺりした眉です。特に眉頭が濃くはっきりしていると、眉と目にグッと力を入れているように見えてしまい、怒っているような印象を与えてしまいます。

次に、ブラックマスカラを塗りすぎてひじきのようになったまつげです。大人の女性がブラックを使うのは匙加減が難しく、一歩間違えると、風格や凄みが増して見え、年齢よりも老けて見えてしまう場合があります。

そして、濃いアイラインと濃い締め色で目尻を囲うメイクは、くすみがちな大人の目元をさらに沈ませ、老けて見える原因になります。

さらに年齢とともに血行不良で顔色が悪くなるので、血色感を足そうとチークが濃くなりがちです。チークの位置も低い場合が多いので、顔のたるみを強調しています。

最後に、リップのアウトラインがぼやけていたりガタガタしていると、だらしない印象になり顔全体の印象もぼやけるので、のっぺりした顔になってしまいます。

-5歳若見えメイク

-5歳若見えするメイクのポイントは引き算のメイクです。

メイクを頑張ろうとすると、つい足し算で考えたくなってしまいますが、大人の若見えメイクでは、やりすぎないことが大切です。

未だ続くマスク生活を踏まえて、アイブロウメイクとアイメイクに重点を置いて、詳しくご紹介します。

アイブロウメイクは、毛流れを意識しましょう。まず、アイブロウパウダーで大まかな形を作りましょう。中間から眉尻を仕上げたあと、ブラシに残ったパウダーで眉頭を仕上げると、眉頭が濃くなることを避けられます。そして、アイブロウペンシルで1本ずつ描き足すように、毛の足りないところを埋めていきます。

最後に、アイブロウマスカラで毛流れの方向を整えましょう。眉頭の毛を立ち上げると、より自然な仕上がりになります。

アイメイクは、濃い色を広範囲に使用しないように注意しましょう。ナチュラルなのに目を大きく見せるポイントは、まつげと下まぶたメイクです。

上まぶたは、肌なじみのいいカラーで仕上げ、アイラインは明るすぎないミディアムブラウンで描きましょう。マスカラは、ブラウンのロングタイプをつかい、4~5本が束になるようなイメージで繊細に仕上げましょう。まつげコームがあるととても便利なのでオススメです。

そして、下まぶたのメイクをすることで目の縦幅を拡張させ、目を大きく見せることができます。また、中顔面を短く見せることができるので、若見えにつながります。

目頭から目尻に向かって少し幅広に明るいベースカラーを広げ、目尻の三角ゾーンには、ミディアムカラーのブラウンで淡く影を入れます。最後に、ラメを黒目の下に小範囲に置くようにのせましょう。

チークは少量ずつ頬の高い位置にのせ、少し物足りないかなと思うくらいで止めましょう。リップは、コンシーラーで口角周りのくすみを一掃し、ご自身の唇の色に近いカラーのリップライナーで輪郭を整えてから口紅を塗ると、若々しい口元にすることができますよ。

いかがでしたか?ぜひ、ご自身の普段のメイクにNGポイントが当てはまっていないかチェックしてみて、当てはまっていた場合は、若見えメイクにチャレンジしてみてくださいね♡



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

伊早坂美裕

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録