アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
35歳になったら絶対やめて!プロが絶対やらない「老け見えを招くNGアイメイク」3選 

35歳になったら絶対やめて!プロが絶対やらない「老け見えを招くNGアイメイク」3選

/

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。今回は35歳になったら注意が必要な老け見えを招くNGメイクと改善法をご紹介します。

目次

NG①がっつり涙袋メイク

涙袋メイクは下まぶたを大きく見せることができるのでデカ目効果があって人気のメイク法ですが、35歳を越えたらやり過ぎるとクマができたように見えてしまうので注意が必要です。

特に下まぶたのベース作りが甘い、涙袋ラインが濃すぎるといった部分があると、やつれたように見えがちです。

まずはスティックタイプの硬めのコンシーラーで目の下のベースを作ります。その後にダブルライン用のかなり薄づきのライナーやシャドウで影を作ります。

もう少し華やかにしたい場合は、ラメやパール感のあるアイシャドウをのせてハイライト効果を出すと立体的に見えます。

NG②漆黒アイラインとひじきまつ毛

アイラインはできるだけ黒い色でしっかり埋める&まつ毛はボリューム重視!な2000年代アイメイクのままになっていませんか?

35歳を越えてくると二重の目元でも少しずつ二重幅が狭くなってきて、漆黒のアイラインやボリューム重視なひじきまつ毛メイクのままだととても重たく見えてしまいます。

二重幅を生かしてすっきりした印象のアイラインとまつ毛メイクにシフトすることで、若々しい目元に見えます。

アイライナーはブラウンでも淡めなカラーたくさん出ているので、真っ黒しか無理と言わずにぜひ一度チャレンジしてみてください。

まつ毛の存在感も際立って、すっきり見せつつもナチュラルに引き締められますよ。

繊細なまつ毛作りはベースが大事です。

極細コームタイプのマスカラベースでまつ毛をセパレートさせつつマスカラの付きを良くしておくと、マスカラを何回も重ねなくてもキレイについて美しくセパレートしたまつ毛メイクに仕上がります。

NG③キラキラシャドウだけでメイク

ラメがキラキラと綺麗なアイシャドウは魅力的ですが、そろそろラメシャドウだけでメイクするのは卒業しましょう。肌のアラが気になり始める世代がそれをやると、余計に肌のアラが目立ってしまいます。

肌のアラが気になり始めたら、キラキラシャドウをのせる前のベース作りが肝心です。ベースメイクが薄めな方は特に注意が必要です。

ポイントは簡単で、キラキラシャドウの前にマット系のアイシャドウを塗っておくだけ。

マットな質感で肌のアラをカモフラージュさせてくれるので、その上にラメシャドウをのせることでキラキラ感が美しく出やすくなります。

いかがでしたか?年齢問わず色んなメイクを楽しみたいですが、その時の肌のコンディションに合わせたメイク法で老け見えは避けたいですよね!

ぜひ試してみてくださいね!



この記事の著者

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録