読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

北欧料理が東京で楽しめる★小さな古民家風のレストランを紹介

毎日のランチやディナー、お店選びに困ることはありませんか?いつも同じローテーションだから、たまにはちょっと変化をつけた食事にしたいと思ったときには、北欧料理などいかがでしょうか。六本木にある「リラ・ダーラナ」は本格的な北欧の家庭料理が楽しめるお店です。ここでしか食べられない料理をご紹介します!

このコラムにありがとう

目次

この記事で紹介したお店のおすすめメニューの価格

  • 海マスのグリル ディルカンタレラソース 2,300円(税抜)

北欧の小さな古民家風のレストラン

北欧デザインの家具や雑貨って、とっても素敵ですよね。最近ではいろいろな場所で見かけるようになりましたが、北欧料理と言われるとジャガイモとかノルウェーサーモン、ミートボールなどをイメージするけれど、そういえばよく知らないかも。

「リラ・ダーラナ」はそんな北欧料理が味わえる貴重な一軒。スウェーデンを中心に本格的な北欧料理を取り揃えた、北欧料理の魅力を存分に堪能できるレストランなのです。

店内は、まるで絵本の中にいるようなかわいらしい空間。100年以上前の古民家の材木を利用しており、ビルの2階にありながら、北欧の小さな古民家に迷い込んだような雰囲気です。

壁や扉などにはウォールペイントが施され、いたるところにアンティークの小物や北欧のおもちゃなどが飾られています。女性なら、思わず「かわいい!」と声に出してしまうことウケアイです。


北欧を味わい尽くせるディナータイム

オーナーシェフは19歳でスウェーデンへ渡り、北欧各国で料理人を務めた実力派。また、料理長も北欧料理のエキスパートなのだそうです。

ディナータイムには、そんなシェフたちの北欧料理を味わい尽くせるメニューが用意されています。季節料理やおすすめ料理などもあり、足を運ぶたびに発見があるのがおもしろい!

メインをひとつに絞るのが難しいぐらい食べてみたい料理ばかりですが、個人的には「海マスのグリル ディルカンタレラソース」がイチオシ。海マスはサケの仲間だけれど、サケと比べると脂肪分が少なくてあっさりとしています。

その一方で、しっかりとしたうま味があり、深みのあるおいしさです。ディルというハーブと、スウェーデンではよく使われるカンタレラというキノコで作られたソースの独特の味わいがベストマッチ!食後には、ポットサービスの紅茶を飲みつつ、今宵の美食タイムを振り返るのをお忘れなく。



リーズナブルに北欧料理を楽しむならランチタイム

北欧料理をお手ごろ価格で楽しみたいなら、ランチタイムに訪れるべし。定番の日替わりランチやチーズオムレツ、ミートボールのクリームソース、ノルウェーサーモンのムニエルなどが、いずれも1,000円~1,300円というリーズナブルな価格で提供されています。

ただし、ランチタイムには行列ができていることもしばしばの人気店。たとえ遅い時間を狙って行ったとしても、並んでいることがあります。おいしい北欧料理をゆったりと味わうためにも、時間には余裕を持っておでかけください!

店名:リラ・ダーラナ
住所:東京都港区六本木6-2-7 ダイカンビル2F
営業時間:ランチ12:00~15:00、ディナー18:00~23:00 定休日:日・祝

・記者プロフィール
日本のみならず、全世界の「おいしいもの」を求めて食べ歩くグルメ担当記者。実際にお店に出向いて食べ、撮影した料理しか記事にしないのがポリシー。美味しかった料理、興味深かった料理、心に残った料理しか記事にしないため、記者としてコスパがとことん悪いのが難点。


執筆者:グルメ部

更新日:2017年4月5日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録