アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
これが今っぽの正解♡プロもやってる!40代の垢抜けが叶う「ナチュラルアイメイク」のやり方

これが今っぽの正解♡プロもやってる!40代の垢抜けが叶う「ナチュラルアイメイク」のやり方

/

ヘアメイクの森田玲子です。40代になると、少しずつまぶたのたるみやくぼみが気になり始めますよね。それによって、若い頃よりも目が小さくなったように感じたり、目の開きが悪くなったように感じたりする方もいるのではないでしょうか?今回は、自然な印象のまま目元がハッキリ見えるアイメイク方法をご紹介いたします。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
他のおすすめ記事を読む
ヌーディーと手抜きは紙一重!?ただの手抜きに見えない”ちゃんと盛れる”ミュートアイメイク

目次

目元のパッチリ感が復活!若見えするナチュラルアイメイク方法

【使用コスメ】デイジードール アイカラー パレット BR-01

透明感のある発色で、マットな質感のカラーもしっとりと肌に溶け込みます。やわらかなトーンのオレンジ、ブラウン系のパレットは1つ持っておくと大活躍!

DAISY DOLL by MARY QUANT(デイジードールバイマリークヮント)
DAISY DOLL by MARY QUANT(デイジードールバイマリークヮント) アイカラー パレット BR-01 5.1g

メイク方法 

① まぶたのくぼみとくすみを活かすアイシャドウを塗る

“ナチュラルなアイメイクなのになぜかキレイ”に見える秘訣は、まぶたのくすみ感を活かしつつ、アイシャドウの色が濁らないようにすることです。

アイシャドウを塗る前は、ファンデーションやコンシーラーなどでまぶたの色を消しすぎないようにします。

そこへ、くぼみをふっくら見せる明るめのベージュシャドウを塗り、上からくすみと調和するオレンジやピーチ系のアイシャドウを重ねます。

② まつ毛の際にブラックアイラインを仕込む

目元の色を整えたら、次はまぶたのたるみをカバーする工程です。

重たくなったまぶたをカバーするために、まつ毛をビューラーでしっかりあげます。

③ 締め色でまぶたのたるみをカバー

だんだんと下がってきたまぶたをカバーするため、目を開けたときにほんのり見える位置に締め色をぼかし入れます。

また顔全体がフラットになりがちなので、下まぶたの目尻にもぼかし入れ、目に奥行きを出します。

④ 点置きラインでナチュラルにパッチリ見せる

チップの先にブラウン系のアイシャドウを薄くとり、下まつげの隙間に点を打つようにのせていきます。色がのっているかのっていないかわからない程度の濃さで大丈夫です。

アイラインを使うよりもさりげなく、くっきり感がアップしますよ。

⑤ ロングタイプのマスカラをたっぷり塗ったら完成

最後にマスカラを塗ります。まぶたの重みに負けないような、ウォータープルーフタイプや、カールキープ力の高いマスカラを使うのがおすすめです。

マスカラを塗ったあとは、スクリューブラシやコームでとかし、繊細に仕上げましょう。

いかがでしたか?今回は、40代以上の方に多い目元のお悩みを解決するアイメイクの方法をご紹介していきました。

この方法なら、ナチュラルメイクなのに華やかな目元に見えます。ぜひお試しくださいね。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

森田玲子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録