アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
プロがやらないのにはワケがある!垢抜けたい人に絶対おすすめしない「眉の整え方」

プロがやらないのにはワケがある!垢抜けたい人に絶対おすすめしない「眉の整え方」

/

アイブロウアドバイザーのasami.tです。眉毛は、顔の印象を大きく左右するパーツです。眉毛の正しい整え方がわからない…という人もいるかと思います。今回は、誰でも理想的な眉を手に入るために、やらない方がいい眉の整え方のご説明です。

他のおすすめ記事を読む
垢抜けない理由は「目力重視」かも?簡単に抜け感を出せるアイメイク

目次

NG1:ペンシルで枠取りしないで眉処理をする

眉を整えるときに、すっぴんのままいきなり処理を始めるのはNGです。

まず最初になりたい眉毛をペンシルで描きましょう。

すっぴんの状態で自己処理すると眉山を削りすぎたり、眉尻を削りすぎたりしてしまうので必ず理想の眉毛を描いてから自己処理をしてください。

NG2:眉をカットしすぎる

眉毛が濃いからと、量を減らしたくて根本からカットされる方が多いと思いますが、これは間違いです。

眉をカットしてしまうと、毛の表面がぱつん!っとなってしまい更に濃く見えてしまうんです。

どうしても長い毛のみ1本1本カットするのがおすすめです。

NG3:脱色で明るくしすぎる

こちらも眉毛が濃い方に多いのですが、濃さを緩和しようと脱色して眉毛を明るくしすぎてしまうのは間違いです。

今は明るい眉が流行りではなく、ナチュラルなカラーが流行りです。脱色で明るくなりすぎてしまう眉は少し時代遅れに見られてしまうことも…。

眉毛の色は髪色や瞳の色に合わせると垢抜け眉になります。

色を抜くよりは、眉メイクの最後に眉マスカラでカラーをのせてあげるくらいがおすすめです。

いかがでしたでしょうか?今回はやらない方がいい眉の整え方と解決テクをご紹介しました。

眉はなかなか自己処理が難しい部分になりますので、より自分に似合う眉を知りたい方は眉サロンに行くのもおすすめです。

眉が垢抜けているとそれだけでぐっとこなれた印象になるので、ぜひ理想な眉を手に入れましょう!



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

asami.t

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録