読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

30代の「貯筋=運動習慣」が40代の私を助けてくれた―その2―

30代になり体型が崩れ始めていることに気付いてはいるけれど、まだなにもできていないという切実なお悩みに、前回に引き続き、muccoさんがアドバイス!人気ブログ、ケチケチ贅沢日記の著者であるmuccoさんが綴る、読者に寄り添ったファッション×ライフスタイルコラムの第9弾

このコラムにありがとう

目次

加齢で変化する体型

変化していく体型…その時どうする!?

Q.細めの体型を保つために30代から特別なケアをしていましたか?また体型が崩れたり、悩んだ時期はありましたか? (30代前半・既婚・メーカー勤務)

A.興味本位で始めたクラシックバレエが、結果的に体型維持のための特別なケアとなったことは前回述べたとおりです。

今回お話ししたいのは体型変化について。
私が体型の変化に気付いたのは40歳の時。
でも洋服のサイズが変わるほどではありませんでした。
物心ついてからずーっと痩せ型だったので、最初はうっすらと脂肪のついた体をおもしろく感じていたのですが、次第に脇の下から背中にかけてブラとの段差(通称ハミ肉)ができたり、お気に入りのジャケットの二の腕やジーンズのももがきつくなったり…。

加齢による新陳代謝の低下という現実を受け入れ、そのままおおらかに「ふくよかなマダム」へと変化する選択もあったでしょう。
でも、サイズ変化でお気に入りの洋服が着られなくなるなんて、ケチな私がそれを許しませんでした。

加齢以外の原因を考えてみましょう。
バレエレッスンを受けていたころに比べ体重は2㎏減り、体脂肪が3%増えた、イコール筋肉量が減ったということ。
ぎっくり腰から約3年半の間、たまにプールで水中ウォーキングする程度で運動らしい運動をしていなかったため筋力が低下して、体がたるんだようです。
できればバレエレッスンを再開したかったので、かかりつけの整形外科医に相談したところ、ある種のポーズや大きなジャンプは当時の私の腰に負担がかかりすぎるため、プロダンサーでない限りレッスン再開はオススメしないとはっきり言われました。

しかし、ストレッチや筋力アップのピラティスなどはむしろやったほうがよいとのこと。
そこでニューヨークシティバレエワークアウト(以下NYCBW)という自宅でできるバレエエクササイズの講習を受けました。
講習後、自宅でNYCBWのDVDに合わせながら17あるワークアウトのうち、その日の気分で好きなものを組み合わせ、1セット30分~45分を週3、4回続けること約3か月、最初の効果が出ました。
ダンサーのためのエクササイズですから、身体のコンディションを整えるのに良かったのでしょう。
腰痛は激減し、そして筋肉が復活して肌にハリが戻ったのか、ブラと背中の段差も解消され、ジャケットもジーンズもすんなり。

そしてさらに3か月後、エクササイズを始めてから半年後には、もっと驚くことが。
ふくらはぎの筋肉が以前よりも膝に近い位置に付き、脚がきれいに見えるようになりました。
エクササイズは5年ほど続けていましたが、激務と義母の容体急変で中断し、それから睡眠を最優先したため2年ほどさぼりました。
そして、勤めをやめ、時間と体力に余裕のできたこの冬から再開しています。
腹筋には縦線が入ってますし、V字バランスや肩立ちのポーズもできますよ!

悩んでないで、とにかくやってみる!

ここまで書いてきたように、体型の変化はあっても、それについて悩んでいません。
ちょうどそのころ、介護や仕事、資産運用など考えなければならないことがたくさんあったのです。
加えて私は、自分自身でどうにかできそうなことは悩まずに行動に移してしまう、いわゆる能天気。
自分だけの問題で、原因がよくわかっていて、費用も大してかからない、こんな問題を解決するのはすぐに行動する・やってみる以外にないと思っています。
悩んでいても状況は一向に良くならず、先延ばしになり、でも時間ばかり過ぎてしまうのがもったいないのです。
もちろん出産やけが・病気・薬の副作用などで体型が変わってしまったり、自分の力だけではどうしようもならない場合であればきっと悩んでしまったに違いありません。
それでも医師に相談して、まずは治療を優先し諦めるところはきっぱり諦め、一方でそのとき自分で頑張れること・できることはやってみるでしょう。

今回は私の経験でクラシックバレエとエクササイズについて述べましたが、正直なところバーレッスンは地味ですし、1~2週間で効果が出ることではありません。
でもバレエの一つ一つの動作やその組み合わせは知れば知るほど興味深いですし、音楽に合わせて踊るのは難しいけれど楽しいことでした。

ウォーキング、ランニング、ヨガ、ピラティス、ダンス、スポーツ、筋トレetc.
質問者さんにとって無理なく楽しみながら続けられることが見つかりますように。


執筆者:mucco

更新日:2017年5月10日

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント