アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

【恋バナが嫌い】って変ですか?恋愛話が苦手な女性の心理5つ

女性同士で集まると、盛り上がるのが恋の話♡恋バナで何時間もガールズトークができる、という女性は多いものです。しかし、実は恋バナをするのが苦手…という女性も少なくありません。恋バナが苦手な理由とは、一体どんなものがあるのでしょうか…?そこで今回は、恋愛話が苦手な女性の心理を5つ紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

恋愛や自分に自信がない

恋愛経験の浅さや、自信のなさが理由で恋バナが苦手という女性がいます。恋愛経験が少ないのは恥ずかしいことではありませんが、コンプレックスに感じる女性は多いんです…。

「彼氏は欲しいけど、できない」という焦りが、かえって恋愛に悪影響を及ぼしていることも。悪循環を断ち切るためにも、まずは自分に自信を持って恋活していけるといいですね♡

自分のことを話したくない

自分のプライベートを打ち明けたくない、という人も恋愛話が苦手な傾向です。恋愛話は自分のコアに近い部分。赤裸々に明かすのに抵抗がある、と感じる人がいてもおかしくありません。

恋バナが好きな女性の多くは、「自分の話を聞いて欲しい」という人がほとんど。自分の恋愛話をするのが嫌な場合は、さり気なく聞き手にまわってみてください。

恋愛そのものに興味がない

「恋愛に関心がない」「他に打ち込んでいるものがある」女性は、恋バナがちょっぴり退屈に感じてしまうことも…。興味がない会話に加わるのは、正直面白くないですよね…。

気の知れた友人との会話であれば、聞き役にまわるか、素直に「興味がない」と伝えて話題を変えてもらうのがおすすめです。無理に興味のあるフリをしなくても大丈夫ですよ。

マウンティングのようでキライ

最近よく耳にする「マウンティング」。簡単に言うと、「自分が上だと主張したい」というアピールのひとつです。相手を落としてでも、自分が上だとアピールする姿に嫌な気持ちを抱く人は少なくありません。

恋バナの中には、「恋愛マウンティング」が紛れていることも…。直接的な言葉にはしなくても「彼氏がいるから勝ち組」「ハイスペ男子と付き合っている私のほうが上」といったニュアンスで会話してくる女性もいます。マウンティングされた時は言い返さず、そっと離れるのが正解ですよ…。

のろけ話を聞くのが面倒くさい

彼氏持ちの女性との恋バナは愚痴もしくは「ノロケ」が中心になりがち。ひたすら、のろけ話を聞くのが面倒くさい…という女性の声も多いんです。

中には、友人の幸せを素直に喜べないことに自己嫌悪してしまうから…という理由も。付き合いたてや恋人のイベント前後はノロケが出やすい時期なので、苦手な場合は少し時間をおいてみましょう。

今回は恋愛話が苦手な女性の心理を5つ紹介しました。

色々な理由で恋バナが苦手な女性は多いんですね…。無理に話を合わせる必要はなく、話題を変えたり、しばらく距離を置いたり、苦手な恋愛話を上手に対処してみてください♡

「#恋愛」の記事をもっと見る


執筆者:michill 結婚・子育て

更新日:2018年11月28日


3

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録