アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ダイソー&セリアで掃除がラクに!時短にもなる「浮かせる収納」アイデア4選

「掃除がラクになる」「時短になる」「デッドスペースを活用できる」など、メリットがいっぱいの「浮かせる収納」。我が家でも家中浮かせる収納を活用していますが、浮かせる収納にとっても便利なのがダイソーやセリアで買える「超強力マグネット」。今回は、そんな100均マグネットを使った収納アイデアをご紹介します。

目次

【洗面台】コップを浮かせて衛生的に

洗面所で使うはみがきコップ。洗面台にポンと置いたままだと、コップの底に水が溜まりやすいですし、洗面台の掃除の時に毎回どけるのも面倒だったりしますよね。

そこで、はみがきコップの裏にマグネットを強力両面テープでペタリ!

洗面台にも同じように両面テープでマグネットを貼りつければ、マグネット同士をくっつけてコップを逆さまに浮かせておけるように。

これならコップの水切れもよく衛生的に使えて、洗面台を掃除する時にコップをどける手間も不要でラクラク!

マグネットでぴたっとくっつけるだけで付け外しもとっても簡単なので、小さなお子さんのいるお家にもおすすめです。

【玄関】シャチハタをサッと使えるように

宅配便の受け取りに使うシャチハタ、玄関でサッと使えるように置いておくと便利ですよね。
わが家では、玄関の棚の裏側にくっつけて、すぐ手に取れるようにしています。

ここで使っているのは、セリアの「超強力マグネット・ミニ 8P」。
直径わずか6mmのマグネットで、シャチハタなどの小さなものに取り付けても邪魔にならないミニサイズなのが◎!
これを接着剤でシャチハタに貼りつけています。

棚の裏側には、受け側のマグネットとして、少し大きめの「超強力マグネット 1P(直径23mm)」を取り付け。
こちらは強力両面テープを使って貼っています。

これで、受け側のマグネットにシャチハタのマグネットをくっつけて浮かせられるように。
ワンアクションでサッと手に取れて、浮かせることで掃除もラク!

死角になる場所を使えば、生活感の出やすいアイテムを隠しながら、使いやすさも両立することができますよ。

【ダイニング】文房具を座ったまま手に取れるワザ

書類の記入や、子供の連絡帳のチェックなどに使う、ペンやシャチハタ。
すぐ手に取れる場所にあればいいのですが、文房具の置き場が少し離れている場合は、いちいち取りに行くのが面倒だったりしませんか?

そんな時にも、「超強力マグネット・ミニ」が大活躍!
ペンとシャチハタにそれぞれ、このマグネットを接着剤で貼り付けています。

前述の玄関の棚と同じ要領で、テーブルの裏に受け側のマグネットを貼りつけて、ここにペンとシャチハタをくっつけておけるように。

これなら1歩も立ち上がることなく、座ったままでサッと手に取れて便利です。
戻すのもラクなので、出しっぱなしの防止にもなりますよ!

【キッチン】冷蔵庫の横に文房具コーナーを

賞味期限などを記入したり買い物メモを書いたりと、キッチンでも意外と出番の多い、ペンやマスキングテープなどの文房具。
キッチンでサッと手に取れる場所に置いてあると便利ですよね。

そこで、「超強力マグネット・ミニ」をペンに貼りつけ。
平らな部分がなくマグネットを貼りつけにくい場合は、マスキングテープでぐるっと巻いて固定すればOKです。

わが家では、冷蔵庫横にプリントを貼ったり、保存容器に賞味期限をメモしたりする時に、マスキングテープもよく使うので、マスキングテープにもマグネットをぺたっと。
こちらはセリアのマステカッターに、接着剤で貼りつけています。

これで、ペンとマスキングテープを冷蔵庫の横にぺたっとくっつけておけるように。
ここは死角になるので見た目のすっきりを保ちつつ、必要な時にサッと使えるようになって重宝しています。

ペンポケットなどに入れると底にホコリが溜まるのがネックですが、直接貼り付けておけばホコリが溜まることなく掃除もラク!
なるべく掃除を減らしたいというズボラさんにもおすすめです。

浮かせる収納は、掃除がラクになる・すっきり見えるといったメリットはもちろん、壁や棚の裏なども収納スペースとして活用できるので、収納が少ないお家にもうってつけ!

100均マグネットで手軽にトライできるので、ぜひいろんなところに取り入れてみて下さいね。

「#収納グッズ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■デッドスペースを無駄にしない!ダイソーの剥がせるフック
■整理収納アドバイザーおすすめ!本当に使える100均の収納グッズ5選
■プロが選ぶ収納用品って?失敗しない収納用品の選び方3ポイント
■知らないなんて損!収納のプロが教えるつっぱり棒の活用術


/

この記事の著者

まどなお

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録