アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
メイクのやり直しの方法

メイクを失敗してしまったとき、どうする?すぐに実践できるやり直しの方法

/

美容ライターの遠藤幸子です。急いでいるときに限ってメイクを失敗してしまい、困った…という経験がありませんか?そんなときは、焦れば焦るほどうまくいかなくなってしまいがち。一旦気持ちを落ち着かせてから、冷静に対処することが大切です。今回は、メイクを失敗したときのやり直しの方法を紹介します。

他のおすすめ記事を読む
マスカラメイク
ちょっと前はこれが定番だったけど…いまやるとなんか惜しい!残念マスカラメイク3選

目次

【メイクの失敗①】アイラインがガタガタ!描く場所が違った!

アイラインがガタガタになった時の直し方

最も失敗しやすいといっても過言ではないのが、アイライン。手がブレてラインがガタガタになったり、描く場所を間違えて左右対称にならなかったりするなど失敗例は数知れず。

そんなときは、すぐに失敗したアイラインに触れたくなります。しかし、乾いていないうちに触れると、特にリキッドの場合アイラインの液が広範囲に広がるなど大惨事になる恐れがあります。

そのため、一旦アイラインが乾くのを待ちましょう。そして、乾くまで違うパーツのメイクをすると、気持ちを落ち着かせることもできて一石二鳥です。

アイラインが乾いたら、ガタガタの場合にはアイラインと似た色のアイシャドウを細いチップに取り、アイラインの部分を同じ細さでなぞっていきましょう。そうすると、ガタガタをカモフラージュできます。

描く場所が間違っていて一旦消して描き直したい場合は、綿棒に液が垂れない程度にクレンジングウォーターか乳液を含ませ、失敗した箇所だけ優しく拭き取ります。

その後アイシャドウーベースかファンデーションを塗り、軽くティッシュオフしましょう。それから、フェイスパウダーを重ね、消した部分のアイラインを慎重に描きましょう。

【メイクの失敗②】マスカラがダマダマ!

マスカラがダマになった時の直し方

マスカラの液がたっぷりとまつ毛につき、ダマダマになってしまったときや、まつ毛同士がくっついてしまったときは、マスカラコームの出番。

やさしくゆっくりとまつ毛をとかし、余計な液を取りつつ、まつ毛1本1本を独立させましょう。

マスカラコームを持っていない人は、眉毛に使うスクリューブラシで代用してもOKです。

【メイクの失敗③】チークが濃い

チークが濃いときの直し方

チークが濃くつきすぎる、片側のチークのほうが濃くなってしまい両頬の色調整をしたいといったときには、ファンデーションが少量着いたパフやスポンジの出番。

やさしくタッピングする要領でチークの発色を調整しましょう。

【メイクの失敗④】リップがはみ出た

リップがはみ出たときの直し方

特に直塗りしているとき、リップが唇からはみ出してしまうことがあるのではないでしょうか。そんなときは指で拭ったりせずに、一旦軽くティッシュで押さえましょう。

そして、綿棒に液が垂れない程度にクレンジングウォーターか乳液を含ませ、やさしく拭き取りましょう。その後ファンデーション、もしくは、コンシーラーで唇の輪郭を整え、リップを塗り直しましょう。

いかがでしたか。メイクが失敗してしまっても、慌ててクレンジングしてすべて落とす必要はありません。

失敗状況に応じて冷静に対処すれば、それほど時間も手間もかからずにお直しできます。ぜひ参考にしてください。



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録