アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
メイクの苦手を解決する裏ワザ

不器用さんこそマネして!元美容部員が教えるアイメイクの苦手を解決する裏ワザ

/

こんにちは!メイクアップアーティストの園佳子(そのよしこ)です。 アイメイクって、アイシャドウやアイライン、マスカラとやつことが多くて苦手に感じている方も多いのではないでしょうか。今回は「元美容部員が教えるアイメイクの苦手を解決する裏ワザ」をご紹介します。マネしたら、メイクレベルがグッと上がるのでやってみてくださいね!

他のおすすめ記事を読む
2024年の夏はコレが今っぽ!アイメイクと眉メイクの正解バランスメイク

目次

①アイシャドウをふんわりボカしてナチュラルに仕上げる裏ワザ

アイメイクでよく質問を受ける、アイシャドウを上手くボカして仕上げられない…という問題。

不器用さんに特にオススメしたい裏ワザは、アイパレットの中に入っているけど地味選手過ぎてそんなに出番が少ないであろう、パール感少なめで肌馴染みの良いベージュのようなオフホワイトカラーのアイカラーを活用することです。

アイシャドウをふんわりボカす

アイシャドウがムラになる理由はベースメイクの仕上がりや、まぶたの油分が残っていることなどさまざまな理由があります。

オフホワイトカラーをアイシャドウをのせる前にベースとしてアイホール全体に広げておくと、ムラになりにくくなるんです。

肌馴染みの良いオフホワイトカラー

ベースにのせておくことでアイカラーの色味を邪魔することなくまぶたをフラットに整えられて、余分な油分もなくなってサラサラの状態になるのでアイシャドウがムラ付きしにくくなります。

他にもアイシャドウが濃くのりすぎて失敗した時にも、オフホワイトカラーでボカしてリカバーすることも可能です。

目の下のくすみが気になる時もオフホワイトカラーをベースにのせておくとくすみがカバーできるので、じつはとても便利なカラーなんです。

今までこういった色は捨て色になっていた、という方はぜひマネして活用してみてくださいね。

②メンボウのフル活用裏ワザ

アイメイクをする時に不器用さんにオススメの裏ワザが、メンボウのフル活用です。

プロのメイクさんもメンボウはよく使うアイテムなのですが、色んな使い方ができるんです。

ペンシルアイライナーで目尻までラインを描く

マスカラが瞼に付かないように綿棒を使ってカバー

まずはペンシルアイラインをうまくハネを作れない、ガタつくという時にメンボウで軽く擦って馴染ませたり、目尻のハネは描けるところまでペンシルで描いて、先を指で潰してペタンコにしたメンボウでハネを伸ばしてシャープに仕上げたり、とメンボウが使い勝手が良いです。

目の下のアイラインも入れる方は、メンボウで軽くボカすとナチュラルに仕上げることができますよ。

他には、マスカラを塗る時にまぶたにマスカラ液が付いちゃった、を防ぐためにまつ毛とまぶたの間にメンボウを置きながらマスカラを塗ると、まぶたにマスカラ液が付くのを防げます。

アイラインを綿棒で馴染ませる

③アイラインの目尻が驚くほど決まる裏ワザ

アイラインの目尻のハネを、まぶたを閉じた時も真っ直ぐ美しく見えるようカンタンに決める裏ワザがあるんです。

アイラインの描き方

まずは真っ直ぐ見た時に目尻のハネをこう伸ばしたいというラインで伸ばして線を描いて、次は目の下のラインの延長線上に伸ばした角度でラインを描きます。

そうすると三角形の形に繋がりますので、その中をアイライナーで埋めるだけです。

このように目尻のハネを描くことで真っ直ぐ見た時に目尻のハネが折れ曲がったような形になりにくく、目を閉じた時もどの角度から見ても目頭から自然に見えるんです。

目尻のハネはアイメイクの中でも注目されるポイントなので、ぜひこの裏ワザを試してみてくださいね。

④まつ毛を先に向かってツンと美しく仕上げる裏ワザ

まつ毛メイクは先に行くほどツンと尖っていくシェイプがナチュラルかつ存在感のある仕上がりになるのですが、マスカラを重ね塗りしたりささっと一度塗りしただけだと、ダマになったりムラ付きにすることはありませんか?

そんな時の裏ワザが、ストレートタイプのまつ毛用のホットビューラーやドライヤーを活用することです。

美まつ毛に修正

通常はまつ毛のカールをさらにアップさせる使い方がメインですが、マスカラを塗った後にも使うとマスカラ液のムラ付きを整えて先に行くほどツンと尖ったシェイプを作りやすくなります

あまり何回もやりすぎるとマスカラ液が取れてしまうので要注意ですが、まつ毛の毛流れも整ってまつ毛同士がひっついた箇所も手直しできるので一石二鳥です。

いかがでしたか?プロモやってるアイメイクの裏ワザ、こんな使い方があったのか!と思った方はぜひ試してみてくださいね。



この記事のライター

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録