アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
やりがち失敗メイク

メイク好きさんほどやってる人多いんです!やりがちだけどやめた方がいいメイク

/

「これが自分に合っている!」と思い込んでメイクをしていませんか?メイク好きの自負がある人ほど陥りがちな、やり過ぎメイク。そこで今回は、実践している人が多いけど、じつは間違いで避けたほうがいい失敗メイクのポイント4つをご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
ちょっと前は定番だったけど、プロはもうやめました!垢抜けから遠ざかる眉の描き方

目次

眉頭しっかり眉

やりがち失敗メイク

眉頭の形がはっきりしていると一見、形は整って見えますが、顔全体で見た際になんだか凛々しく男らしい雰囲気になってしまいます。

とくに、つい眉頭をしっかり描いてしまう方や、元から眉頭の毛がしっかり生えている方は要注意。

アイブロウメイクをするときに、眉頭をなるべく手を加えないこと。また、眉頭の毛が濃い方は毛を抜いて薄くしたり、コンシーラーを少しだけ塗るのもおすすめです。

輪郭を描いてから塗る塗り絵眉

やりがち失敗メイク

眉毛の輪郭が濃いと、顔全体のメイクが濃くケバイ印象になります。

ペンシルのみで描いている方は、眉尻の毛が少ない部分などのみにとどめ、全体の色付けはアイブロウパウダーも一緒に使うのがおすすめです。

また、枠を描くのではなく眉毛を1本1本描くようにメイクしていけば、ぐっと自然な印象で垢抜けます。

面長加速な縦チーク

やりがち失敗メイク

丸顔がコンプレックスの場合、少しでも顔が細長く見えるようにと縦にチークを入れていませんか?

しかし、年齢とともにチークトップの位置が下がってくると、縦チークでは余計に顔のたるみが目立ってしまいます。

チークは目の真下あたりになるべく横に広げるように塗り、横にふっくらとした顔に見えるようにしています。

塗り過ぎガビガビ肌

やりがち失敗メイク

シミ、クマ、シワ、毛穴、赤み、吹き出物などお悩みはそれぞれ異なりますが、いずれもすべてが見えなくなるほど隠そうとすると、ベースメイクの難易度は急上昇。厚塗りによって逆に肌が汚く見える可能性が高いです。

写真左のNGメイクは、全体にクリームファンデーション、頬の高い位置~目周りにコンシーラー、全体にフェイスパウダーを塗った状態です。

コンシーラーを重ねた部分のベースメイクが厚くなりすぎて潤いを感じられず、キメが粗く見えたりシワが目立ったりしています。

一方、右のOKメイクはクリームファンデーションとフェイスパウダーだけで仕上げた状態。

フェイスパウダーはブラシで薄くふんわりと重ねる程度で、極力薄く仕上げています。カバー力では劣るものの、ツヤや潤いが感じられて若々しい印象になりました。

肌をキレイに見せたいなら、隠しすぎるより塗りすぎないことを意識しましょう。簡単に美しい仕上がりが叶います。

いかがでしたか?今すぐやめたほうがいい失敗メイクのポイントを、ぜひ参考にしてみてください!

記事協力:まるasami.t古賀令奈



この記事のライター

michill ビューティー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録