アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
40代のブラウンコスメの選び方

40代はアイメイクに使うブラウンに注目!プロ直伝♡老け見えしないブラウンコスメの選び方

/

メイク講師のSAKIです。アイメイクの定番といえば、しっかりと目もとに深みを出すことができるブラックでしたが、最近はブラウン系カラーをメインにし、優しげな「垢抜けメイク」を楽しむ方も増えてきました。一言にブラウンといっても、さまざまなブラウンがあります。40代以降は特にブラウンの選び方に気をつけなければ、かえって老け見えする場合があります。今回は、今っぽメイクが楽しめる、40代以降が選ぶべきブラウンコスメをご紹介します!

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
他のおすすめ記事を読む
ちょっと前は定番だったけど、プロはもうやめました!垢抜けから遠ざかる眉の描き方

目次

黄み系ブラウンより赤み系ブラウンが若見え!

黄み系ブラウンより赤み系ブラウンが若見えのアイシャドウ

いわゆる「イエベ」肌にマッチする黄みがかったブラウンは、40代以降の肌ではくすんだような発色をする場合があります。

黄みブラウンとは、例えばオレンジを少し感じるブラウンや、サンドベージュのような色。

黄み系ブラウンは肌馴染みがよく使いやすいイメージですが、くすみが気になり始める年代だと、黄み感が強く出ることも。

40代以降は、赤みを感じるブラウンを選ぶと若見えします。赤茶色、レンガ色などがイメージしやすいかと思います。

赤みブラウンは濃く馴染ませると派手な印象になりやすいので、ブラウンを活かした優しげなメイクを楽しみたい時は、大きめのブラシで淡く発色させるといいでしょう。

淡い色のまま上まぶたから下まぶたまでぐるりと囲むことで、目ヂカラもアップします!その後はアイライナーやマスカラで深みを出しましょう。

トレンドのグレイッシュなブラウンは、締め色として使うべし

トレンドのグレイッシュなブラウンは締め色として使う

「グレージュ」というカラーがトレンドになっていますが、グレーを感じる落ち着いたトーンのブラウンは、柔らかさを残しつつ、モードな印象を与えることができます。

ただし、40代以降は使い方に注意!アイラインやマスカラとしてグレーを使うのはOKですが、アイシャドウとして広い範囲にグレイッシュなブラウンを馴染ませると、目もと全体が暗く見えがちです。

まぶたの窪みも強調され過ぎてしまうので、40代以降の方は、グレイッシュなブラウンは「締め色」として狭い範囲に馴染ませましょう。

中途半端に淡いグレイッシュブラウンではなく、パキッと発色するダークなグレイッシュブラウンがおすすめです。

二重さんは二重幅に、一重さん、奥二重さんは目を開けた時に少し色が見えるぐらいまで馴染ませます。

また、アイライナーとして狭く濃く馴染ませるのもおすすめです。黒ほど強くならず、ブラウンよりもしっかり引き締めることができます。

思い切って、パキッと色が出るグレイッシュブラウンを手に入れましょう!

質感にも注目!ラメ無しマットブラウンを使いたいならこれ選べ

クリームタイプのアイシャドウ

「マット質感のアイシャドウ、使いたいけど重く見えそうで挑戦しづらい…」と感じる方もいらっしゃるのでは?

目もとのハリ感を演出したい大人世代は、ラメやパールが入ったアイシャドウを選びがちです。

せっかくのトレンドアイテム、大人世代も取り入れたいですよね!そんな方は、「クリームタイプ」のアイシャドウを取り入れてみてください。

最近のクリームタイプのアイシャドウは、テクスチャーはしっとりだけど馴染ませるとサラサラに。といった、マット質感に変化するアイシャドウが多いです。

クリームになっていることで、ピタッとまぶたに密着し、粉っぽさを感じにくく重く見えるのを防ぐことができます。

明るさのある赤み系ブラウンを選ぶことで目もともパッと明るく演出できます!

筆者のおすすめは「コスメデコルテ アイグロウジェム スキンシャドウ」。マットカラーもムラなく発色し、ふんわりとした柔らかな質感を演出できます。

まとめ

今回記事内でご紹介したコスメはこちらです。

今回記事内でご紹介したコスメ

セザンヌ ビタートーンアイシャドウ 01
リリミュウ インザミラーアイパレット 03

セザンヌ
セザンヌ ビタートーンアイシャドウ 01オレンジガナッシュ 4.5g 透け感マット 濃厚ブラウン 粉末
Ririmew
Ririmew [ リリミュウ ] インザミラーアイパレット 【 指原莉乃プロデュースコスメ/アイシャドウ パレット 】 (03 ウィンターグレイ)

今回は、ブラウンコスメの選び方をご紹介しました。

アイシャドウに主にフォーカスしましたが、アイライナーやマスカラ選びにもぜひ役立てていただければと思います!



この記事のライター

SAKI

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録