アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NGな眉の描き方

眉がある人こそやっちゃいがち!プロが教える実はやめた方がいいNGな眉の描き方

/

みなさまこんにちは、アイブロウリストのSHIZUKAです!眉が薄いと描くのが難しいですよね。逆にしっかり眉がある方でも描き方を間違えると不自然な仕上がりになってしまいます。今回は、しっかり眉が生えている方がやってしまいがちな眉メイクのご紹介です!

他のおすすめ記事を読む
その目力メイクお古見えしてます!抜け感があるのに盛れる♡40代の今っぽアイを作る方法

目次

①眉マスカラをゴテゴテに塗る

眉マスカラをゴテゴテに塗る

眉の濃さを緩和して薄く見せたくて眉マスカラを重ねて塗りすぎてしまうと、かえってゴテゴテして悪目立ちしてしまいます。

とはいえ一度の眉マスカラのみで根本まで全ての毛を茶色くするのは難しいので、完全にマスカラが乾く前に素早くもう1回色をのせる程度にするのがおすすめです!

②毛が生えている部分にもペンシルで色味を重ねる

毛が生えている部分にもペンシルで色味を重ねる

眉が濃い方は、毛が薄い部分と毛が生えてない部分にのみアイブロウペンシルを使用するのがおすすめです。

毛が生えている部分にペンシル+パウダーを重ねてしまうと、さらに濃くなってしまいムラになり、また色を重ねてどんどん濃くなってしまいます。

アイブロウペンシルの使用は最低限にし、薄い部分はアイブロウパウダーをふんわりのせる程度にしましょう。

③眉毛の色より明るすぎるペンシルを使用している

眉毛の色より明るすぎるペンシルを使用している

眉毛よりも明らかに薄い色で足りない部分を描き足してしまうと、眉の濃さと描いた部分が全く馴染まないので、眉毛があるところと無いところの境目が目立ってしまいます。

毛の色味より少し明るいくらいのペンシルを使用し、眉マスカラで眉毛を明るくすると馴染みやすいです。

毛の色味より少し明るいくらいのペンシルを使用

いかがでしたか?眉が濃い人は濃い人なりの悩みがあると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪



この記事のライター

アイブロウリストSHIZUKA

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録