アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉&アイメイクの落とし穴

これを読めば残念メイクの原因がわかる!メイクが下手に見えてしまう眉&アイメイクの落とし穴

/

皆様こんにちは、アイブロウリストのSHIZUKAです。キチンとメイクしてるのに、なぜかイマイチな仕上がりになってしまうことないですか?そうなってしまうのにはいくつか原因があるんです。今回はそんな原因と解決テクをご紹介します!

他のおすすめ記事を読む
垢抜けない理由は「目力重視」かも?簡単に抜け感を出せるアイメイク

目次

①パーソナルカラーに合っていないアイシャドウ

パーソナルカラーに合っていないアイシャドウはNG

イエローベースの方が寒色系や、スモーキーなカラーのアイシャドウを使用すると顔色が悪く見えてしまいます。

イエローベースの方は、暖色系のカラー・黄みを感じるカラーを使用するとお顔の顔色がよく見えます!

ブルーベースの方はその逆で、青みがあるカラー・寒色系のカラーが似合います。

②自眉毛よりも大幅に太く、濃い眉メイク

自眉毛よりも大幅に太くて濃い眉メイクはNG

数年前に太眉が流行った影響が残っていて、元の眉よりも太く濃く眉を描いてしまっているパターンも残念見えの原因です。

眉を太く描きたい場合は薄く、濃く描きたいときは少し細く描くことを意識すると今っぽくバランスがよくなります。

また、毛流れを塗りつぶすような眉メイクはNGです。

③自眉毛よりも細く、濃い眉メイク

自眉毛よりも細くて濃い眉メイクはNG

上の項目で述べたこととは逆で、眉毛の太さよりも細く描いてしまっているパターンもNGです。

上の写真は元の眉の形を完全に無視して、自分が描きたい形を濃く書いてしまっているので、かなり不自然な仕上がりになります。

元の眉より細く描きたい場合は、メイクの前に眉毛を少し細めに整えると自然な仕上がりになります。

④アイライナーを上下しっかり引く

アイライナーを上下しっかり引くのはNG

アイライナーを上も下もリキッドでしっかりひいてしまうパターンも残念に見えてしまいます。

キツイい印象を人に与えるだけでなく、古臭いメイクに見えてしまいます。

上のアイラインをしっかり引く場合、下はアイラインではなく薄めのアイシャドウと下まつげのマスカラでボリュームを出すと◎

メイクが下手に見えてしまう眉&アイメイクの落とし穴をご紹介しました。参考になりましたら嬉しいです!



この記事のライター

アイブロウリストSHIZUKA

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録