アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
メイクの落とし穴

メイクが上手くできない理由はコレだった!初心者さんがやりがちなメイクの落とし穴

/

たくさんのメイクテクを取り入れているのに、なぜだかメイクが上達しない!というお悩みはありませんか?今回はメイク初心者さんがやりがちなメイクの落とし穴をご紹介。メイクが上達しない理由は意外なところに原因があるかも! 思い当たる人はチェックしてみてくださいね。

他のおすすめ記事を読む
垢抜け やめてよかった ヘアケア スキンケア before after Pyom イラスト
垢抜けるためにやめてよかったヘアケア&スキンケア4選

目次

【NGポイント1】キレイに書きすぎの眉

キレイに書きすぎの眉

眉を書く時、鏡をグッと顔に近づけて、完璧すぎる形の眉を書いてはいませんか?

眉単体で見るとキレイだけど、形が整いすぎている眉は顔から浮いてしまってなんだか不自然…。

眉を書く時は、眉だけを見るのではなく、顔全体を見ながら書いてくださいね。

【NGポイント2】ベースカラーに白っぽい色を使う

ベースカラーに白っぽい色を使う

アイシャドウのベースカラーとして明るい色を塗ると、まぶたのくすみをカバーし、アイシャドウも浮かずに塗れるのでとてもおすすめなのですが、そのベースカラーの色選びも重要です。

あまりに白っぽいシャドウをアイホール全体に塗ると、ちょっぴり時代遅れのメイクに見えてしまいます。

ベースカラーには肌馴染みの良い色を選んでくださいね!

【NGポイント3】ブラシを縦にしてマスカラを塗る

ブラシを縦にしてマスカラを塗る

とくに下まつ毛にマスカラを塗るときにやってしまいがちなNGテク。

ブラシを縦にすると、マスカラの液がドバッとついてしまい、ダマができやすくなってしまいます。

下まつ毛にマスカラを塗る際、ブラシは横にして、小刻みに揺らすことで短いまつ毛もキャッチできます。

【NGポイント4】眉マスカラを眉毛の毛の裏表に塗る

眉マスカラを眉毛の毛の裏表に塗る

ムラなく眉マスカラを塗るために、毛流れに逆らうようにして眉マスカラを塗るのが定番でしたが、最近は眉マスカラを毛先だけに塗って抜け感を出すメイクが主流です。

眉の毛の根元は黒いままでもOKなので、毛先だけにふんわり塗るイメージで眉マスカラを使ってみてくださいね。

初心者さんがやりがちなメイクの落とし穴をご紹介しました。

今までは正しいと言われていたメイクテクも、メイクのトレンドに合わせて日々進化しています。

従来のやり方のままではなんだか垢抜けない雰囲気になってしまうこともあるので、ぜひメイク方法の見直しをしてみてくださいね◎



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録