アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
タイプ別アイラインメイク

メイク苦手さんでも失敗しない!タイプ別アイラインメイクのやり方

/

こんにちは!元美容部員のRuuです。今回はメイク苦手さんでも失敗しない!タイプ別アイラインメイクのやり方をご紹介します。アイライナーが上手く使えない、アイラインの引き方が分からない、リキッド、ペンシル、結局どちらがいいの?など疑問に思っている方は必見です!

他のおすすめ記事を読む
押さえるべきポイントはコレ!今日からできる今っぽ「垢抜け眉」の作り方

目次

①そもそもアイラインの効果とは?

皆様ご存知の通り、目を大きくぱっちりと見せる手段の1つですが、細かく言うと『フレームを際立たせてハッキリさせる』役割なんです。

なので色や引き方、どんな形状のアイテムを使うかによって、際立ち方が変わります!

②『引く』ではなく『埋める』

アイラインが上手く引けずガタガタラインに…そんな時はまつ毛の隙間を埋めるだけでもオッケー!

鏡を下に置き、利き手と反対の手でまぶたを軽く引き上げると、まつ毛の生え際が見えます。

ぶたを軽く引き上げる

そうしたらまつ毛とまつ毛の隙間を埋める様に、小刻み、もしくは点を打つ様にアイライナーを動かして埋めていきます。

まつ毛とまつ毛の隙間にアイライナーを動かして埋める

これだけでも目元の印象がはっきりします♡

③一気に引こうとしない

アイラインを引く時、目頭〜目尻まで一気に線を引こうとしていませんか?

そうすると途中でブレたりガタガタしやすくなります。

オススメは3分割で塗ること!

まず目頭〜黒目の始まり辺りまで引きます。

目頭から黒目の始まり辺りまでアイラインを引く

次に黒目の始まり辺り〜黒目の終わり辺まで。

黒目の始まり辺りから黒目の終わり辺りまでアイラインを引く

最後に黒目終わり辺り〜目尻までを引きましょう。

黒目終わり辺りから目尻までアイラインを引く

このように、少しずつ進めて線を繋げる様にすると失敗しにくくなります!

先程ご説明した②と③の両方を行うと、更にくっきり見えますよ♡

④色の使い分け

今はグレー、ネイビー、オリーブ…などのニュアンスカラーもたくさん出ていますが、オーソドックスなのは黒と茶。

☆黒→くっきり、しっかり、シャープな印象に

☆茶→ナチュラル、ふんわり、柔らかい印象になるので自分のなりたい印象や、メイクに合わせて変えると◎

⑤タイプ別の使い分け

アイライナーにはペンシルやリキッド、様々なタイプがありますよね。

これもまた仕上がりのイメージに差があるので、使い分けると◎

リキッド:はっきり、シャープ、目尻も細く書ける

ペンシル:ふんわり、ぼかすことも出来る、失敗もごまかしやすい

というように、それぞれの良さがどちらにもあるので、こちらも使い分けるのがおすすめです。

リキッドタイプのアイライン

ペンシルタイプのアイライン

1番失敗しづらく自然なのは淡い茶色のペンシルだと思うので、メイク初心者のかたはそちらからぜひチャレンジしてみて下さい♡

茶色のペンシルでアイラインを引く

ちなみに筆者は

上ライン→黒リキッド

下ライン→茶ペンシルをぼかして仕上げています!

上ラインは黒リキッドでアイラインを引いて下ラインは茶ペンシルをぼかす

⑥難しければアイシャドウで代用

それでもやっぱりアイラインって難しい…そんな方は、お手持ちの濃いアイシャドウをアイライン代わりにしましょう!

平たい細めのブラシに濃いアイシャドウを撮り、目の際にスタンプを押す様にしていきます。

平たい細めのブラシに濃いアイシャドウ

目尻の辺りまで来たら力を抜いて横にスッと引きます。

これだけでもフレームが際立ち、自然だけどはっきりした目元に♡

平たい細めのブラシに濃いアイシャドウで引いたアイライン

アイラインが引けたら、まつげなどを仕上げ完成!

まつげなどを仕上げ完成

いかがでしたか?カラーや形状の組み合わせにより、仕上がり印象が変わるアイライン。

ぜひ自分のお気に入りアイラインを見つけてみてくださいね♡



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

元美容部員Ruu

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録