アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイブロウアイテムの使い方

前は定番だったけど、プロはやめました!垢抜けの逆を行くアイブロウアイテムの使い方

/

皆さまこんにちは、美眉のプロSAORIです!「昔の眉アイテムの使い方が最近しっくりこない」「時代に合わせて眉メイクをアップデートしたい」…そんな方いらっしゃいませんか?今回は垢抜けの逆を行くアイブロウアイテムの使い方についてご紹介します!

他のおすすめ記事を読む
ヌーディーと手抜きは紙一重!?ただの手抜きに見えない”ちゃんと盛れる”ミュートアイメイク

目次

①アイブロウペンシル

眉が足りないところを描くためのアイブロウペンシル。

以前は削って使うタイプや、太芯のものでざっくり描くのが主流でした。

太芯ペンシル 繊細な毛 描きづらい

今っぽい垢抜け眉を描くには、自眉より細い細芯タイプがおすすめです!

眉の隙間にリアルな毛を1本1本描くイメージで、少しずつ描くのが最近のトレンドです。

細芯ペンシル リアルな毛 描く

②アイブロウパウダー

プチプラからデパコスまで、数多い種類が発売されているアイブロウパウダー。

3色パレットのものも多いですが、その中の“濃い色をメインにつかう”ことが多かったのは昔の話。

眉パウダー 濃い色 毛が薄いところのみ

今は、アイブロウパウダーの中間色または一番明るい色をメインに使っていくのが垢抜けのポイント。

「こんな薄くて淡い色、いつ使うの?」というお声が多いですが、眉が足りないところのみ濃色を乗せたあと、眉全体にベールをかけるように淡く薄い色を入れるのが今っぽ。

眉がふんわりして柔らかな雰囲気を纏うことができます。

眉パウダー 淡色メイン 仕上げ

③眉マスカラ

大きめブラシ×ハイカバーの粘度の高い眉マスカラで、眉全体にたっぷり眉マスカラを塗るのはひと昔前の流行り。

そうした塗り方では眉が明るくなっても、ぼってりボリューム感が残りやすいもの。

眉マスカラ ベタ塗り NG

今っぽに仕上げたいなら、小さめブラシ×さらっとしたマスカラ液のアイテムを選び、表面を優しくなでるイメージで塗りましょう。

そうすることでぼってり感のないあっさり透明感のある仕上がりが叶います。

眉マスカラ 細ブラシ

垢抜けるためのアイブロウアイテムの使い方のNGと改善方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか♡

垢抜けたい人はぜひ試してみてくださいね♪



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

美眉のプロSAORI

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録