アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
40代の今っぽメイクの秘密

若い頃とは違うけど、今っぽ顔になりたい!40代の押さえるべき今っぽメイクのヒミツ4選

/

美容ライターの遠藤幸子です。年齢とともに、自分のメイクを今っぽいものにアップデートしていくのが難しくなる、と感じている40代の方が多いのではないでしょうか。今回は、40代ならではの悩みをうまくカバーしながら、今っぽいメイクにアップデートする方法を紹介します。

他のおすすめ記事を読む
ココさえ変えれば今っぽ顔に!垢抜け眉になるためのポイント3つ

目次

1.ほどよく隙あり!うるおいとハリを偽装するツヤッとベースメイク

ハイライト 入れる位置

40代の肌は、シミやクマ・くすみなど隠したい肌悩みが多くあり、つい力が入るのがベースメイクです。

しかし、作り込みすぎた肌は、本来の透明感が損なわれて老けて見えることもあります。素肌感を活かして、ほどよく隙のあるベースメイクを目指しましょう。

また、40代は肌の乾燥やハリ不足が気になる年代でもあるので、ツヤのある化粧下地やファンデーションをうまく取り入れ、うるおいとハリのある肌に見えるようにしましょう。

それに加えて、高さを強調することで顔に立体感を作り、肌が艶やかに見えるハイライトを取り入れるのもおすすめです。

その場合は、粒子の細かいパール入りのものを選び、Cゾーンや鼻筋、顎の下などに入れましょう。

2.ミルキーなカラーを使ったデカ目メイク

デカ目メイク ミルキーなカラー

目元には鮮やかなカラーや深みのあるカラーを使いたくなる40代ですが、今っぽい顔に仕上げるには、その呪縛から解き放たれる必要があります。

現在は締め色を使わず、ミルキーなカラーで優しくピュアな目元に仕上げるのがトレンド。メインカラーはミルキーなカラーを取り入れましょう。

それだけでは目元の印象がぼやけてしまいそうなのが40代。アイライナーやマスカラは深いカラーを使って引き締め、さりげなく目ヂカラアップとデカ目効果を狙いたいところです。

となると、ついアイライナーが太くなったり、マスカラの使用量が増えたりしまいがちですが、それはNG。

アイライナーを太く入れると目が小さく見えてしまうので、まつ毛の隙間を埋めることを意識しながら細めに入れましょう。

マスカラは自然なボリューム感に留め、セパレート効果やロング効果を重視することが大切です。

3.ほどよい血色感と透明感を与えるピンク系チーク

ほどよい血色感 透明感を与えるピンク系チーク チークを入れる位置

チークの発色は控えめに、ほどよい血色感と透明感を与えるピンク系のチークを取り入れることが、今っぽ顔になるためのポイントです。

大きめのブラシで、ふわっとやわらかな雰囲気になるように入れ、リフトアップ効果を狙って軽く斜め上に引き上げるように塗るのがおすすめです。

4.イキイキとした表情を作る、血色感のあるツヤリップ

血色感 ツヤリップ

リップのカラーはその時々でトレンドの傾向が変わりますが、40代がどんなときも大事にしたいのが、血色感です。

血色感が足りないと、肌がくすんで見えたり、寂しい印象に見えたりしがちなので、リップメイクは最後に行い、全体のバランスが取れる血色感を重視しましょう。

質感ですが、マットなリップは唇の縦ジワが悪目立ちしたり、パサついて見えたりしがちで、老けて見えやすい傾向にあります。

そのため、40代はツヤ感のあるリップを選ぶことをおすすめします。

今回は、40代ならではの悩みをうまくカバーしながら、今っぽいメイクにアップデートする方法を紹介しました。

ぜひ参考にしていただき、ご自分のメイクを今っぽく自分を魅力的に見せるものにアップデートしてみてください。



この記事のライター

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録