読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ゲウチャイ新宿店/聞いたことがない料理「クンチュアナンプラー」が絶品で幸せ

今や日本にも浸透しているナンプラー。タイのポピュラーな調味料で、魚を発酵させた独特の香りはエスニック料理の決め手といっても過言ではないです。そんなナンプラーなどのエスニック料理を取り扱っているタイ国料理店、ゲウチャイ新宿店をご紹介致します!

このコラムにありがとう

目次

この記事に出てくるメニューの金額

  • クンチュアナンプラー 1,300円(税別)
    センミートムヤムムー 650円(税別)

旅先としても近年ホットな東南アジア。食文化は日本でもずいぶん広まっているものの、初めて聞く名前のエスニック料理って、食べるときちょっとドキドキしませんか? でも、もう大丈夫。そんなあなたにおすすめしたい、本格派タイ料理店が都内にあります。

ヘルシーでおいしいタイ料理を堪能できるお店

スパイスたっぷりで美容効果も期待できるタイ料理は、女子の味方。本場さながらの味をリーズナブルに味わえる「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿店」へ足を運んでみました。

このお店、店内に入ると、外国人のお客さんがいっぱいで驚かされます。どうやら、タイ人や東南アジアの人たちの間で「美味しいタイ料理の店」として知られており、大人気なのだとか。これは期待せずにはいられません。

「海老のたたき魚醤風味」にやみつき!

さっそく気になる料理をオーダー。今回は、グリーンカレーやナシゴレン(タイ風炒飯)など、タイ料理に必須なナンブラーを食べたくて「クンチュアナンプラー」を注文しました。にんにくスライスと唐辛子、チリソースを付けていただく海老の刺身はとってもスパイシー! 海老の旨みと甘さが映えます。

タイ人によると、クンチュアナンプラーは辛ければ辛いほど美味しいそうです。そう、辛くないとクンチュアナンプラーじゃないというわけですね。「山葵がないと寿司を食った気がしない!!」と言ってる日本人と同じでしょうか。

実際に食べればわかりますが、タイ人が辛さを求めるのも理解できます。最初の一口は海老の旨味とニンニクと唐辛子の鋭い刺激が心地よいのですが、一気に激しい辛さが襲ってきます。だからといって、食べるのを止めることはありません。いや、止まらないのです。その辛さが美味しいのです。なんとも魅惑的な料理、それがクンチュアナンプラーなんですね。

ちなみに、口臭が気になるからといって、海老に乗せられたニンニクを取り除いてはいけません。それをやってしまうと、ただの辛い海老になってしまいます。海老、唐辛子、ニンニクをまとめて食べるから美味しいのです。

屋台気分も楽しめちゃう麺料理でしめくくり

こころ華やぐ彩りの「センミートムヤムムー」はオリジナルの汁ビーフン。具には豚肉のそぼろとスライスされたチャーシュー、魚介類のツミレ(タイ式)、そして桜海老がふんだんに入っています。

かすかな酸味と繊細な辛味がやさしく、また細麺のビーフンがスルスルと食べられて、後味すっきり。日式ラーメンの美味しさと、タイ式ラーメンの爽やかさが楽しめる一品です。

「辛くないの? 中途半端な辛さなんじゃないの?」なんて思うかもしれませんが、クンチュアナンプラーと違って、こちらは辛くないのが良いのです。旨味を打ち消さない程度の刺激、その繊細さと微細さを楽しむ麺料理なのです。スパイスをタイ料理でたっぷり取って、これからのあつ~い季節も元気に過ごしましょう。

店名
タイ国料理 ゲウチャイ 新宿店
住所
東京都新宿区新宿3-21-7 東新ビル
営業時間
11:00~23:00
定休日
無休(年末年始を除く)

・記者プロフィール
日本のみならず、全世界の「おいしいもの」を求めて食べ歩くグルメ担当記者。実際にお店に出向いて食べ、撮影した料理しか記事にしないのがポリシー。美味しかった料理、興味深かった料理、心に残った料理しか記事にしないため、記者としてコスパがとことん悪いのが難点。


執筆者:グルメ部

更新日:2017年6月5日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録