読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

手作りピアスのパーツに100均の造花を使って簡単に

おでかけ気分を盛り上げるこんなアクセサリーを作ってみませんか?? 大ぶりな揺れるフラワーピアスも、優しい色合いでまとめれば派手になりすぎず、大人女子でも違和感なし! 夏の結婚式や浴衣、サマーリゾートでも活躍する、ちょうど良いナチュラル感が楽しめますよ!

このコラムにありがとう

目次

この記事を試すのにかかる金額と時間

  • 制作費用
    ・造花約200円(税抜)
    ・フープピアス、パールビーズ等 約250円(税抜)
    合計約450円(税抜)
    制作時間の目安:約60分
※価格は参考価格です。
※造花は1種類100円のものを2種類使っています。

必要な素材と道具

・造花…2種類(今回はダイソーのアートフラワーを使用しました)
・フープピアスパーツ…1組
・パールビーズ 4mm…20個
・平ペンチ
・目打ち
・接着剤(瞬間接着剤が便利です)

100円ショップの造花をバラして、花びらで作るピアス

メインの材料となる造花は、100円ショップのもの。解体して花びらをバラして使います。
季節によって花の種類は色々ありますが、重要なのは「色合い」です。

今回選んだ2種類はこちら。

右:紫陽花の造花。花びらが小さめなのと、アンティーク調のシックな色合いがポイント。
左:バラの造花。
シフォン素材の花びらが混ざっているのと、使いやすい白がポイント。
どちらもダイソーさんで見つけました。

フラワーピアスの作り方

完成サイズ:縦6.5cm、横8cm
(1)造花を解体します。
使用するのは花びらだけ。
プラスチックのガクは捨ててしまってOK。

(2)花びらを選びます。
今回は片耳分で紫陽花から4枚、バラから5枚選びました。

(3)フープピアスに、パールビーズと花びらを通します。
パールビーズ1個→4つ折りにした花びら→パールビーズ1個の順に通します。

花びらの折り方は以下写真を参照してください。
目打ちで穴をあけてフープピアスに通します。

(4)残りの花びらもすべて通します。
パールビーズ1個を間に挟みながら、四つ折りにした花びらを(2)の写真の番号順に、左上から通していきます。

(5)フープピアスの端を折り曲げます。
平ペンチで、フープピアスの端を5mm程度折り曲げます。
この部分を反対端の端に引っ掛けて使います。

(6)パールビーズを接着剤で固定します。
フープピアスの端から3.5cmのところに接着剤を塗り、最初に通したパールビーズを接着します。
反対側の最後に通したパールビーズも、同じように固定します。

※3.5cmは目安です。花びらの量やフープのサイズによって好みで調整してください。
花びらがギュッと集まるような位置で固定すると、かわいく仕上がります。
(7)両耳分を同じように作って完成!

イヤリング派の方は、フープつきのイヤリング金具を使えば同じように作れます。

フープイヤリング金具は、手芸店やビーズショップで買うことができるのでぜひ探してみてください。
気分を盛り上げてくれる、大人ナチュラルなアクセサリー。手軽にそろう100円ショップ素材で、プチプラアクセを手作りしてぜひ挑戦してみて。


執筆者:Polaris work

更新日:2017年6月6日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録