アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

食卓にも春の彩り。春を味わう春野菜サラダのレシピ3選

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。寒い冬も終わり、春がやってきました。野菜売り場には春野菜が並び始めましたね。冬の間は鍋など温かい野菜を食べることが多いですが、春野菜はサラダにするのがおすすめ。芽吹きの春、みずみずしい旬の野菜をサラダにして、春を味わいましょう!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

うるいと新玉ねぎのサラダ

春の山菜うるいをご存じですか?

うるいは、シャキシャキとした歯触りがある春の山菜で、味にはクセがなく食べやすい野菜。淡い黄緑色に春を感じます。

生でも食べられますが、さっと茹でて、新玉ねぎとグレープフルーツを合わせて、さっぱりとしたサラダにしました。色合いも春らしく、食卓が華やぎます。

新玉ねぎは、辛みが少ないので、水にさらさずに使っていますが、気になる方はさっと水にさらして使ってください。

材料(2人前)

・うるい 1パック
・グレープフルーツ 1個
・新玉ねぎ 1/2個
A)オリーブオイル 大さじ2
A)ビネガー 小さじ1
A)塩 小さじ1/4~

作り方

① うるいは4cmくらいの長さに切る。塩を入れたお湯に根元のほうを入れ、10秒くらいしたら葉の方を入れ、湯通しする程度に茹で、すぐざるにあけ、冷水につける。

② 新玉ねぎは薄切りにする。

③ グレープフルーツは皮をむく。

④ Aをボウルに入れてとろりとするまでよく混ぜる。

⑤ 水気をとったうるい、新玉ねぎ、グレープフルーツをボウルに加えて和える。塩で味を調える。

新じゃがとスナップエンドウと卵のサラダ

皮が薄い新じゃがを、皮ごと茹でてサラダにしました。スナップエンドウと卵をあわせて、粒マスタードで味を引き締めます。粒マスタードの量はお好みで加減してください。

材料(2~3人前)

・新じゃが 300g
・スナップエンドウ 6~7本
・新玉ねぎ 1/4個
・ゆで卵 2個
・オリーブオイル 大さじ1
・酢 大さじ1
・塩 小さじ1/3
・マヨネーズ 大さじ2
・粒マスタード 小さじ2~

作り方

① オリーブオイルと酢、塩を混ぜてドレッシングを作る。

② 新じゃがはよく洗い、皮付きのまま水から茹でる。竹串がすっと通るまで茹でたら、食べやすい大きさに切り、温かいうちにドレッシングで和える。

③ スナップエンドウは筋を取って、歯触りが残るように熱湯で茹でて、冷水にとる。食べやすい大きさに切る。

④ 新玉ねぎは、薄切りにする。ゆで卵は殻をむき、1/4に切る。

⑤ 新じゃがと新玉ねぎ、ゆで卵、マヨネーズ、粒マスタードを和えて、塩で味を調える。

春キャベツと桜エビのサラダ

青臭さがなく、みずみずしい春キャベツは、サラダにぴったり。

柔らかい葉はちぎって使えば、調理の手間もかかりません。春キャベツの甘みをたっぷり味わいたいので、味付けはごくシンプルにしましたが、お好みでおろしにんにくを少し加えても。

桜えびはそのままでもいいですが、フライパンで乾煎りすると香ばしくなり、よりおいしくいただけます。

材料(2人前)

・春キャベツ 150g
・桜エビ(干し) 7g
・炒りごま 小さじ1
ごま油 小さじ2
・塩 適量

作り方

① 春キャベツは洗って一口大にちぎる(芯は包丁で薄切りにする)。

② 春キャベツをポリ袋などに入れ、塩とごま油を入れて和え、桜エビと炒りごまを入れて混ぜ、塩で味を調える。

みずみずしい春野菜をたっぷり使ったサラダを食べれば、身体の中から元気になれる気がします。
春野菜のサラダで、春の訪れを味わいましょう!

「#サラダ」の記事をもっと見る


執筆者:笠原知子



35

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録