アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

パフvsメイクブラシvsスポンジ。ツール次第でメイクの仕上がりはここまで変わる!

すっかり春になり、新しい場所での新生活が始まったり、これから新しい人との出会いも多くなりますよね。そんな時、普段よりも意識したいのがメイク。せっかくなら印象良く、自分の魅力を最大限に引き出したいという人も多いはず。今回メイクの中でも土台となる部分を左右する、フェイスパウダーの仕上げ方をお伝えします。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

ツールで変わる!?ベースメイクを仕上げるフェイスパウダーの使い方

リキッドファンデーションやクリームファンデーションの仕上げとして使うフェイスパウダー。

ルースタイプやプレストタイプなど、その種類でも肌の仕上がりは変わりますが、実はそれを付けるツールでも仕上がりはまったく違うものなります。

いつも付属のパフを使っているだけ!なんていう人は、ツールを見直してみるだけでも、手持ちのフェイスパウダーひとつで何パターンものメイクを楽しめるようになることも。

今回はそんなツール別に仕上がる印象を知って、今よりもなりたい肌へと近づきましょう!

なりたい印象に合わせて使うツールはこれ!

①パフ

フェイスパウダーにすでにセットされていることも多いパフ。ふわふわしたタイプのものや、表面がなめらかなタイプのものなどさまざまですが、パフはなめらかな方が、よりマット肌に、柔らかいものはよりふんわり肌に仕上がります。

パフは小鼻などの細かい部分も丁寧に仕上げられ、まんべんなくパウダーを付けられるのがメリット。パフを折り曲げて細かい部分まで付けるようにしましょう。

②ブラシ

ブラシを使ってパウダーを付けると、よりふんわりとしたナチュラルな肌に仕上がります。つけ心地も軽いので、パウダーで粉っぽくなるのが苦手という人にもオススメのツール。

また、パウダーは磨けば磨くほどにツヤが出るので、全体にパウダーを付けた後、ブラシをくるくると回すように磨いていくと、よりツヤのある肌へと仕上がります。

パフで全体にパウダーを付けた後に、余分な粉を落とすようにブラシで磨くのもオススメです。

③スポンジ

付属のパフよりも、密度の高いスポンジで仕上げていくと、よりマットな肌に仕上がり、きちんとした印象を与えることができます。

特に弾力のあるラテックス素材でできたスポンジはオススメ。肌にしっかりと密着させることができるので、ぜひ試してみてください。

フェイスパウダーを選ぶときにも仕上がりを意識してみて

さらに、フェイスパウダーを選ぶときにも、好みの仕上がりは選ぶことができます。

サラサラとした粉状のルースパウダーは、使うとよりナチュラルでふんわりとした仕上がりに、しっかりと固められた固形のプレストパウダーは、しっかと肌に密着しマットな肌に仕上がります。

また、マットに仕上がるタイプやパールが配合されていて肌にのせるだけでもツヤ感が出るもの、透明感のある肌に仕上がるルーセントタイプやカバー力のある不透明タイプのものなど、形状・質感・色などでも仕上がりはさまざまです。

まずはなりたい印象に合わせてアイテムを選びながら、さらにツールでその特性を活かしたメイクを楽しんでみてください。

きっと印象アップはもちろん、メイクの幅もグッと広がるはずですよ!

「#フェイスパウダー」の記事をもっと見る


執筆者:須田夏美



1

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録