アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

捨てるなんてもったいない!たまった雑誌の処分法

放っておくとどんどん溜まっていく漫画や雑誌…。ただ捨てるだけになっていた漫画や雑誌のお得な処分方法を発見しました!

目次

自治体のごみ収集

今まで家から出たごみは全て自治体のごみ収集日に合わせて出していました。

でも、可燃ごみは週に2回収集日があるのですが、雑誌などの資源ごみの収集日は月に1回だけなので、溜まった雑誌や漫画など出しそびれると来月の収集日まで待たないといけなくて、狭い家の中でスペースをとってしまうので困っていました。収集日をいつも気にしていた気がします。

リサイクルステーションができた

そんな時、いつも利用しているスーパーに「リサイクルステーション」が出来ました。
見てみると、ペットボトル、古紙、紙パックの回収をしていて、回収したものの量によってスーパーのカードにポイントが貯まるようになっていました。

その時は利用するために並んでいる人がけっこういたのであまりくわしいことが分からなかったのですが、今度から雑誌はここに持ってこよう、と思いました。

初めて利用してみる

そして雑誌や漫画をまとめて縛り、車のトランクに詰め込みました。
スーパーに着いて、いざやってみようと思ったら先客がいたので、買い物の帰りにやることにしました。

帰りにさあやろうと思ったら台車で雑誌を積んで持って行こうとする人を見かけて、もし私の順番が先になってモタモタしてしまったら焦ってしまうと思い、車の中からしばらく様子を伺うことにしました(この時点でちょっと怪しい人ですが…)。

その人が用を済ませるのを見届けてから、まず何も持たずにリサイクルステーションの機械のそばまで行ってやり方をざっと把握して、それから車に戻り雑誌の束を運び込みました。何を怖気づいているんだろうと自分でも思いますが、初めてのことにはいつも及び腰になってしまうのです。

今は車のガソリンをセルフスタンドで普通に入れることができますが、初めての時はものすごく緊張して手順をブツブツつぶやきながらどうにかやり遂げたといった感じでした。

そんな訳で緊張しながら臨みましたが、まずカードを機械に読み取らせ、台の上に雑誌を乗せると重さが計量されて、後は回収ボックスに雑誌を入れるだけで、とても簡単でした。
ポイントは後日自分で受け取りに行くようになっていました。

すっかり慣れた頃に

収集日を気にせずいつでも持って行けて、ポイントまでつくなんていいことずくめだな~と、それ以来雑誌が溜まるとせっせと持って行っていました。

そんなある日、いつものように雑誌や漫画の束をリサイクルステーションに運び込んで、さあ乗せようと機械を覗き込んだら「エラーが発生したため操作できません」の文字が…。

その日に限ってけっこう多めに持って行っていたのでまた車まで持って帰るのが大変でした。エラーがどの程度の頻度で起きているのか分かりませんが、それ以来雑誌を運び込む前にまず機械がエラーになってないか確認するようになりました。

他にもペットボトルや紙パックを回収しているので、今後はそちらも利用していきたいと思っています。

「#4コママンガ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

中島めめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録