読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

コスパ良し!全身使えるベビーオイルの万能な使い方紹介

ベビーオイルは使い方が本当にたくさんあるオイル。赤ちゃんの肌に使えるくらい安全な素材からできています。髪から肌まで全身に使える上に、プチプラなのも嬉しいポイント。この記事ではベビーオイルの使い方をいくつかご紹介するので、日々の美容ケアにぜひ取り入れてみてくださいね!

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

ベビーオイルは肌に優しい安心安全なケアグッズ

最近美容情報に敏感な女子の間で話題のベビーオイル。 実は気になっていたという人も多いのではないでしょうか?

ベビーオイルは、乾燥肌の赤ちゃんのために作られたボディオイル。 敏感な赤ちゃんの肌にも使えるように、肌に刺激の少ない成分だけで作られているのが特徴です。

商品によって多少の違いはありますが、多くのベビーオイルは「ミネラルオイル」とごく少量の「酸化安定剤」から出来ています。「酸化安定剤」とは、その製品の成分が酸化してしまうことを防止するためのもの。 性質が変化してしまうのを防止するために加えられているもので、食品や化粧品にも添加されています。科学的なものが添加されていると聞くと不安になる人もいるかもしれませんが、赤ちゃんの肌に使っても問題ないくらいの量。 安心して使ってくださいね。

また、主成分の「ミネラルオイル」は、他の物質に触れ合ったときに反応を起こしにくいという性質を持っています。 つまり、人の肌に触れたときに刺激になりにくいということです。

肌に何かをつけるとき、特に敏感肌の人はかぶれたりただれたりしたらどうしよう、と心配すると思います。 ベビーオイルは、そういった影響を極力抑えるように作られているので、赤ちゃんから大人まで安心して使えるんですね。

また、300mlで700円前後とお手頃に手に入るのも魅力的。 プチプラなら、毎日心置きなく使えるのも嬉しいですね。

大人女子向け!ベビーオイルの使い方 髪の毛のケア

ベビーオイルは用途の幅がとても広く、頭からつま先まで全身のケアに使うことができます。 たとえば、ベビーオイルはヘアケアにぴったり。 高い保湿力が、髪を乾燥から守ってくれます。

ベビーオイルのヘアケア法① シャンプーやトリートメントに混ぜる

シャンプーやトリートメントにベビーオイルを1、2滴混ぜて、普段通り髪の毛を洗ったり保湿したりしてみてください。 いつもよりしっとりとした仕上がりになるはず。

ただし、使う量には注意してください。 ベビーオイルも油なので、使いすぎるとシャンプーの泡立ちが悪くなったり、べたつきにつながることが。 あくまでもごくごく少量を加えるように心がけてくださいね。

ベビーオイルのヘアケア法② タオルドライ後のケアに

髪を洗った後、ヘアケアオイルとして髪につける方法です。 いわゆるアウトバストリートメントの要領で、毛先を中心に髪全体になじませます。 こうすることで髪の毛の乾燥を防ぎ、しっとりまとまる髪を保つことができます。

もちろん、この使い方でもつけすぎには注意。 大量につけすぎると、洗っていない髪のようにべったりとした質感になってしまいます。まとまり感を出したいときに便利なオイルですが、少量でかなりの効果が得られるのも特徴。 まずはごく少量から試しながら、適量を見つけてくださいね。

ベビーオイルのヘアケア法③ ヘアパック

ベビーオイルはヘアパックにも使えます。 髪の乾燥が特に気になるとき、ベビーオイルを直接髪の毛に塗って、数分おいてから洗い流します。 たったこれだけで、髪の水分バランスが整ってかなりしっとりしますよ。

大人女子向け!ベビーオイルの使い方 マッサージオイルとして

また、ベビーオイルは仕事で疲れて帰ってきた日のケアにもぴったり。 働く女性にとって、脚のむくみや冷え、筋肉のコリは避けられないものですよね。そんなときは、ベビーオイルを使ったマッサージがおすすめ。 肌に優しいベビーオイルを使えば、血行改善やコリの解消と保湿が一度にできちゃいます。

ベビーオイルを手のひらで少し温めてから全身になじませ、リンパに沿って優しくマッサージします。 こうすることで血の巡りがよくなり、冷えやコリが楽になります。 リラックス効果も大きく、寝つきも良くなりますよ。

大人女子向け!ベビーオイルの使い方 毛穴ケア

ベビーオイルはスキンケアにも使えます。 お肌のトラブルの中でも特に気にする人が多い、鼻の毛穴の黒ずみ。 そんな毛穴のケアにも、ベビーオイルは活躍してくれます。

ベビーオイルを乾いた手のひらにとって温めたら、毛穴の目立つ部分を指で優しくマッサージ。 くるくると軽くなでることで、肌に負担をかけずに鼻の毛穴の角栓を溶かしだすことができます。

角栓は無理に押し出したりすると、毛穴が広がって逆効果になることも。 目立つ部分だからこそ、肌に負担をかけずにできるベビーオイルを使った角栓ケアがおすすめです。

大人女子向け!ベビーオイルの使い方 お風呂オイルとして

また、入浴中のケアにもベビーオイルが使えます。 ベビーオイルは、バスオイルの代わりになるんです。

湯船にお湯を張ったら、ベビーオイルを大さじ2~3杯を加えて入浴します。 こうすることで、入浴中に肌の表面に油の膜ができ、お風呂から上がった後もしっとり感が持続。

効果をより感じるために、湯船から上がった後にはシャワーを浴びすぎないようにしてください。 肌になじんだオイルを洗い流してしまうと、せっかくの効果も半減。 ベビーオイルの効果を引き出すためにも、気を付けてくださいね。

ベビーオイルはアイデア次第でいろいろ使える万能オイル

プチプラでどこでも手に入るベビーオイルですが、その使い方はたくさんあります。 ベビーオイルという名前から「赤ちゃん用」という印象を持つ人も多いかもしれませんが、大人にとっても「万能オイル」と言えるくらい使えるものなんです。

スキンケアやヘアケア用のオイルは色々な種類が売られていますが、こんなにたくさんの用途があるオイルはなかなか無いですよね。 皆さんも、肌に、体に、髪の毛にと色々な使い方を試してみてくださいね。


執筆者:美容部

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年12月6日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録