銀座を一望できるビアガーデンで贅沢コース料理♪

夏真っ盛り。今年はもうビアガーデンに行きましたか?開放的なオープンエアの空間で、夜景を眺めながら、キンキンに冷えたビールを飲む気持ちよさといったら格別ですよね。今回はそんな願いを叶えてくれる、ビジネス街「丸の内」で楽しめるオシャレな大人のためのビアガーデン「銀座スカイビアテラス」をご紹介します。

夏限定!丸の内エリアのオアシス

屋外でビールを楽しめるスポットがそこかしこでオープンする夏は、ビール好き女子には夢のようなシーズン。でも、屋外ゆえに「暑そう」「人ごみで見晴らしが悪いかも」と躊躇する気持ちがあるのも、ホンネです。

今回ご紹介する「銀座スカイビアテラス」は有楽町にある「東京交通会館」13階の屋上が会場。ルーフトップということもあり、頭上には空が広がり、風もそよそよ流れて爽快。さらに丸の内エリア周辺のパノラマが見渡せて、居心地のよさは他のビアガーデンと比べても群を抜いてます。

やっぱりコレ! 樽から注ぎたての「マスターズドリーム」

さて、気になるアルコールのラインナップからさっそくご紹介しましょう。

「銀座スカイビアテラス」のお楽しみは、なんと言ってもサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」の「マスターズドリーム」などが樽生で心ゆくまで楽しめること!「醸造家が夢見た」とのふれこみもある贅沢なテイストを、ぜひフレッシュなままにご堪能ください!

またビール以外のアルコールも充実のラインナップ。強力な6.0ガスボリュームで、凍る寸前まで冷やしきった強炭酸のハイボールをはじめ、ワインやサワー、梅酒、カクテルなど女性に喜ばれるドリンクメニューも豊富です。

食事も大人仕様。気になるメニューをチェック!

アルコールはもちろんですが、食事も心ゆくまで楽しみたいというのが女心。「銀座スカイビアテラス」では、ひとり5,000円(税込)から楽しめる飲み放題付きの全3プランがあります。

いちばんリーズナブルな「スカイビアプラン」(1名5,000円(税込)/2時間制)のメニューは、計6種類。「山葵風味の茹で上げ枝豆」に始まり、「彩り野菜のスティック レッドチェダーソース」「フライドチキン&チーズポテト」「香草ポークのオーブン焼 バルサミコのアクセント グリル野菜とトマトソース」「ガーリック塩焼きそば」、そして「ゴボウスティック」!これはビールが進みそうです。

プランによってメニューがまったく違うのもうれしいところ。もっともリッチな「ラグジュアリープラン」(1名9,000円(税込)/2時間半制)に登場する計8種類のメニューは、使われている食材も豪華。「ピンチョスとシャルキュトリのオードヴルプレート」「牛サーロインのグリエとスパイシーチョリソー ソースボルドレーズ」「小海老のピラフ 濃厚な甲殻類のソースアメリケーヌ」なんて、お味の想像がつかないメニューに期待が膨らみます!

プランメニューだけでなく、ガーリックトーストやオリーブフリット、ピラフなどの単品メニューもそろっているので、いろいろなシーンで利用できそうです。

バンドによる生演奏を聴きながら夜景にうっとり

17時からオープンするため、夕暮れに染まる空から丸の内の灯りが織りなす夜景まで、うつろう景色が満喫できるのも「銀座スカイラウンジ」ならではの醍醐味。これはもうサンセットの時間から行かないともったいない! また、臨場感がたまらないバンドの生演奏も会場内のムードを盛り上げます。

約280席と席数もかなりあるので、大人数で訪れてわいわいするのもよし、旦那様や友人とゆっくり大人のお酒を楽しんでもOK。この夏は「銀座スカイビアテラス」で、ちょっとオトナな夜のひと時を過ごしてみては!?


施設名
銀座スカイビアテラス
住所
東京都千代田区有楽町2‐10‐1 東京交通会館13階
営業時間
17:00~22:00(LO 食事 21:00、ドリンク 21:30)
定休日
無休(悪天候時は営業休止あり)
電話番号
03‐3212‐2776


執筆者:michill グルメ・おでかけ

更新日:2017年12月6日
公開日:2017年8月21日

よく読まれています

新着記事

ログイン・無料会員登録