アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ゴーヤの苦みの取り方とトースターで焼くだけの和風&洋風ゴーヤボート2選

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。夏と同時にやってくるゴーヤの季節。旬のゴーヤが店先に並ぶ今ならではの味を、ゴーヤボートで!ゴーヤをそのまま器代わりにし、具材を詰めたら、トースターで焼くだけ。苦みを和らげるちょっとした工夫と一緒に2種類の味のゴーヤボートのレシピを紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各20~25分

ゴーヤの苦みを和らげるコツ

慣れてしまうと、この苦さが美味しさに変わりますが、苦すぎるのもちょっと…。

苦みを和らげるには、一度湯通しをしてから調理すると、ほど良い苦みだけが残り美味しく調理出来ます。
今回は、トースターを使用するので、あらかじめ下処理しておくことで、生焼けも防げますよ!

湯通しの仕方

① ゴーヤは縦半分に切り、スプーンを使って、底から削ぐように、ワタと種を取り除く。

② ゴツゴツした表側に、包丁のあご(持ち手に近い角の部分)を使って、1mm位の深さで20~30か所ほどツンツンと挿す。

③ 鍋に湯を沸かし、ゴーヤを入れて5分程茹でて、ザルにあげて水気を切る。

緑の濃い部分に苦みが多くあるので、開けた小さな穴から苦みが湯に溶け出し、食べやすくなります。

トマトとチーズの肉詰めゴーヤボートのレシピ

材料(1本分2個)

・ゴーヤ…1本(25cm前後)※苦みを和らげるコツ写真の、色の濃い大きい方を使っています。
・ひき肉…200g
・玉ねぎ…1/4個
・トマト…1/2個
・ブラックオリーブ…4個
・モッツアレラチーズ…1個(100g)
・片栗粉…適量
A塩…小さじ1/4
A粗挽きガーリック…小さじ1/2
Aナツメグパウダー…少々
Aブラックペッパー…少々
B刻みパセリ…適量
Bブラックペッパー…適量

準備

・玉ねぎとブラックオリーブは、みじん切りに、トマトとモッツアレラチーズは薄切りにしておく。

作り方

① 下準備をしたゴーヤに、茶こしを使って片栗粉を薄くまぶす。

② ボウルにひき肉と玉ねぎ、ブラックオリーブと材料Aを入れ、粘りが出るまで混ぜたら、2等分にして①に詰める。

③ トマトとモッツアレラチーズを交互に乗せたら、広げたアルミホイルの上に置き、トースターで18分(中まで火が通るまで)焼く。

④ 皿に盛り、Bを散らしたら出来上がり。

ゴーヤから水分が出るので、アルミホイルを敷いて下さい。または耐熱容器を使って下さいね。
1本でもなかなかのボリュームがあるので、シェアできます。

ツナとコーンの味噌マヨゴーヤボートのレシピ

材料(小2本4個分)

・ゴーヤ…小2本(16cm前後)※苦みを和らげるコツ写真の、色の薄い小さい方を使っています。
・ツナ缶…1缶(60~70g)
・コーン缶…1/2カップ
・卵…SMサイズ1個
・片栗粉…適量
Aマヨネーズ…大さじ2
A麦味噌…小さじ1と1/2(お使いの味噌の塩分で量を調節してください。)
B一味唐辛子…適量

作り方

① 下準備をしたゴーヤに、茶こしを使って片栗粉を薄くまぶす。

② ボウルにマヨネーズと麦味噌を入れ混ぜたら、ツナとコーン、卵も入れて混ぜ合せる。

③ 4等分にして①に入れ、広げたアルミホイルの上に置いたら、トースターで12分または中まで火が通るまで焼く。

④ 皿に盛り、Bをふったら出来上がり。

夏の暑さを吹き飛ばすゴーヤパワー!ぜひ、作ってみて下さいね!

「#夏レシピ」の記事をもっと見る


執筆者:茂木奈央美


この記事に関連するキーワード


18

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録