アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ナチュラルなのに目力強めのアイメイクはこう作る♡プロがこっそり教えるすぐできる簡単テク

メイクアップインストラクターの鳥山めぐみです。目元はメイクですごく顔の印象が変わりますよね。シャドウ・ライン・マスカラ…と、ちょっと手間はかかりますが、アイメイク次第で美人度が増すので、ポイントを押さえておきたいところ。早速、そのポイントをみていきましょう!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

魅力的な瞳は、目の大きさではない?!

目ヂカラがあると魅力的に見えるものですが、この目ヂカラ、実は目の大きさの問題ではないんです。目のキワをしっかりと黒く埋めているかどうかでかなり違ってきます。ラインを引いているつもりでも、粘膜までラインが引けていないと瞳を大きく見せられません。

目ヂカラをアップさせるためには、上まぶたのまつ毛の生え際を塗り残しなく埋めるようにしてみましょう。リキッドのアイライナーは、皮膚に摩擦を与えずにラインを引くことができ、黒々としたツヤも出るのでオススメです。

私が去年からメイクの仕事でもプライベートでも愛用しているアイライナーは、まつ毛美容液成分配合で、感動するほど滲みにくいスワンライナー ビューティー リキッドアイライナーです。滲まないのに、オフは簡単です!

◆スワンライナー ビューティー リキッドアイライナー(通販サイトにて¥2,800・税抜)

アイラインが上手く引けない時は

アイラインが上手く引けない、というお悩みをいただくことがあるのですが、テクニックの問題ではない場合が多いので、ここでご紹介します!

●お顔が全部映る大きさの置き鏡を用意
●鏡の角度は45度くらい
●なるべく部屋は明るく
●利き手にアイライナーを持ち、反対の手で瞼を軽く引き上げながら引く
●目を閉じないで、まつ毛の生え際を見ながら引く
●腕がぶれないように、テーブルに肘をつくなどして固定する

これらを守るだけで、上手に引けます。全く歪みのないラインを目指す必要はないので、丁寧にキワを埋めていきます。

まつ毛の根元を上げると瞳が輝きます

日本人のまつ毛は、カールせず真っ直ぐ下向きに生えていることが多いので、ビューラーでまつげを上げると瞳に光が入って目が大きく見えます。まつ毛の根元をしっかり上げれば、目自体がイキイキしてメイクが映えます。

ビューラーはすぐに離してしまわず、グッと挟んだら何秒か止めてクセを付けます。まつ毛が十分に上がるまで、クセ付けを繰り返します。ビューラーがちょっと苦手な場合は、パーマをかけるのもオススメです。まつ毛がパーマでキープされれば、瞬きをする度にまつ毛が下まぶたに触れることがなくなるので、パンダ目になりにくくなります。

ビューラーはどれでも良いわけではなく、カーブがブランドによって違うので自分のまぶたのカーブにフィットするものを選びます。シリコンゴムも早めに交換しましょう。

マスカラは根元にしっかりと付ける

ビューラーでまつ毛を上げたら、クセが取れてしまわないうちにスグにマスカラを塗り始めます。まずは、根元にマスカラブラシをピタッと合わせて、ここでもまた10秒ほど動かさずに止めておきます(乾かして固めるため)。

こうして根元を固めることで、上げたまつ毛をキープできます。ここまでで、先に引いていたアイラインが取れてしまっていたらもう一度引きます。

元々まつ毛が多くて、もっと自然に見せたい場合はブラウンのアイライナーやマスカラを使ってもOKです。

ここがキマれば視線がキマるアイメイク法についてご紹介しました。
既に取り入れているという方も、知らなかったという方も、楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

「#アイメイク」の記事をもっと見る


執筆者:鳥山めぐみ



21

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録