アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

秋はやっぱり、栗!思い立ったら、5分でパパッと作れる、超簡単モンブラン、作りましょ!

広島の器屋「LOUTO」の田中雪絵です。おいしいものがいっぱいの秋。なかでも女子人気NO.1と言えば、何といっても栗。そして栗を使ったキング・オブ・スイーツといえば…そうです!モンブラン♪今回はみんな大好きモンブランを、甘栗と、手軽で身近な材料と道具で、あっ!という間に作っちゃいます。

目次

秋!栗の季節です

秋ですねー。秋といえば、栗!コンビニもスーパーもケーキ屋さんも、どこもかしこも、栗のお菓子がいろいろ出てきて…。

栗のお菓子、何が好きですか? 栗パフェに、栗きんとんに、マロンパイも捨てがたいけど、私は、やっぱり、やっぱり、モンブラン!大好物です。

口溶けの良いマロンクリームに、サクサクのメレンゲ、チョコでコーティングされた栗の渋皮煮が入ってたり…。モンブランと一言で言っても、ケーキ屋さんによって、様々、趣向が凝らされて、もはや芸術品レベルですよね。

王道モンブランは、ケーキ屋さんにおまかせするとして、今回、紹介するモンブランは、拍子抜けするくらい超簡単!だけど、「モンブラン食べたい」欲は、ちゃんとかなえてくれる、お手軽で優秀なモンブランなんです。

材料は、たったの4つ

材料は、至ってシンプル。栗は、生の栗じゃなく、今回は、甘栗でOK!栗クリームはなめらかに仕上げたいのでお砂糖は、粉砂糖を選びましょう。クリーミーでさっぱり爽やかなヨーグルトでクリームを仕上げて、タルト台は、市販のクッキーで代用します。ラム酒は、あればで構いません。どの材料も、家にありそうでしょう?

使う道具は、コレ!

モンブランのおいしさといえば、栗クリームの滑らかさ。甘栗、固いけど大丈夫かな?って思いますよね。フードプロセッサーで?ミキサーで?もしや、あの面倒な裏ごし、って言い始めるんじゃ…?

ノンノン。

登場するのは、コレ。おろし金です!

甘栗をおろし金でおろすなんて、初めての体験かも知れませんが、ぜひ、やってみて欲しいです。栗が、みるみるうちに、さらさら滑らかに変身するんですよ。我ながらこれは大発見!(笑)。

5分deモンブラン

作る時間も、ほんとにあっという間!混ぜてのせるだけなので、5分もあれば、できあがります。「モンブラン、食べたい!」と思った時に、パパッと作れる、ひとくちモンブラン。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2個分)

・甘栗…50g+1〜2個
・粉砂糖…25g
・プレーンヨーグルト…約15g(ヨーグルトのやわらかさで加減してください)
・ラム酒…少々
・クッキー…2枚

作り方

① 甘栗をおろし金で、細かくおろします。

② 粉砂糖を入れてよく混ぜます。

③ ぽってりとクリーム状になるように、ヨーグルトを加減しながら加え、混ぜます。好みでラム酒をほんの少々、加えます。

④ クッキーに、甘栗1個をのせ、

上から、③の栗クリームを山の形にのせます。

④ スプーンやフォークで形を整え、最後に茶こしで粉砂糖の雪を降らせればできあがり。

簡単ひとくちモンブラン。ぜひ作ってみてくださいね。

甘栗でなく、栗の渋皮煮で作ると、より本格的なモンブランに。栗の甘露煮で作ると、懐かしい昭和のモンブランっぽくできあがります。

栗の季節、いろんなモンブラン、楽しみましょう!

「#秋レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

田中雪絵

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録