アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ボタニカルライフスタイル植物のチカラでリラックス生活雑貨 原宿BOTANIST Tokyo

流行に敏感であればあるほど、オシャレ女子に一歩近づくというもの。この夏オープンしたての「BOTANIST Tokyo」ではボタニカルライフに近づくためのグッズを多数取り揃えています。ボタニカルライフとはライフスタイルそのものに植物の力を取り入れるというもの。緑あふれる生活雑貨を一度チェックしてみては?

目次

多くの人でにぎわう原宿・明治神宮前にこの夏オープンしたばかりの「BOTANIST Tokyo」をご紹介します。

「朝起きて食事をする時から、夜寝る時まで、植物とともにカジュアルでリラックスして過ごせるライフスタイル」をコンセプトとしたボタニカル・ライフスタイル専門店で、ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」の初めてのフラッグシップショップです。

「BOTANIST」=植物学者

ガラスの扉を開け、 足を踏み入れると「BOTANIST」の名のとおり、緑の世界が広がっています。NYのブルックリンスタイルをイメージした店内は、白が基調のスタイリッシュな空間。思わず「おしゃれー!」と声が出てしまうほど。

リラックスしたいとき、癒しや安らぎが欲しいとき、部屋やベランダに置くだけでリラックス効果が得られるのが、花や観葉植物などのグリーンですよね。そう、ここは心身のリラックスに必要な様々なアイテムをトータルで手に入れることができるセレクトショップなんです♪

シャンプーやトリートメントなどのバスグッズを中心に、ボタニカルマウスウォッシュなどの植物・天然由来成分で作られたオーラルケア製品「diem」、SEEDS SUPPLYのサプリメントや、BOTANIST初となる雑貨(マグカップ、キャンドル、バッグ等)まで豊富に揃っています。

こちらは、アメリカで話題の次世代リラクゼーションドリンク「CHILL OUT」というドリンク。いわゆる「エナジードリンク」とは真逆のコンセプトで、「リラクゼーション」を目的としたものです。

飲んでみると、しっかりと炭酸飲料の味がしますが、ノンカフェインかつ人工甘味料や保存料も不使用と、ヘルシーなのがうれしい!

日本初上陸のブランドであるオランダのナチュラルコスメ「TREETS TRADITIONS」やイタリアのハンドメイドブランド「POESIA21」など、ナチュラル系ブランドのコスメやグッズもたくさんあって目移りしそう。

ヘルシーな食事が楽しめるカフェ

2Fの「BOTANIST cafe」ではボタニカル空間を満喫しながら、ヘルシーなオリジナルスムージーやボリューム満点のサラダなどをいただけます。

ブランチサラダセットは、「VEGAN(ビーガン)」「POWER(パワー)」「TOFU(トーフ)」「FRUITS(フルーツ)」の4種類。スープとサラダ、パン(ピタパンorライ麦パン)、ミニスムージーのセットで1800円。ビーガンサラダのスープとパンは、ビーガン仕様のものなので安心です。

いずれもフォトジェニックかつ美味しいですが、とくにフルーツたっぷりの「FRUITS」は見た目も鮮やかで大人気♪

デザートスムージーは、ブルーベリーや大根が入った「PURPLE POLYPHENOL(パープルポリフェノール)」、人参やキャベツの入った「ORANGE CAROTENE(オレンジカロテン)」、ケールやゴマが入った「GREEN MINERAL(グリーンミネラル)」、いちごやカリフラワーの入った「PINK VITAMIN(ピンクビタミン)」、マンゴーやパイナップルの入った「YELLOW FIBER(イエローファイバー)」の全5種類。それぞれ野菜の旨味がぎゅっと詰まっていて癒やされる気分に。

ただでさえ野菜やフルーツ由来の食物繊維を摂る量が少なくなっているこの時代、こういうフードは嬉しい存在といえますね。

こちらの限定ラベル&新フレグランスの「ボタニカルシャンプーL&トリートメントL」は、ミュゲ(すずらん)の香りがとてもさわやか。西洋ではすずらんは幸福の象徴とされているんですよ。天然由来成分をバランス良く配合しており髪と肌に優しく、きめ細かな泡立ちが心地いと評判。私も愛用しています♡

都会の喧騒を忘れさせてくれる、緑いっぱいの「BOTANIST Tokyo」。ランチやショッピングはもちろん、大切な人への贈り物に悩んだときにも、ぜひ!

店名
BOTANIST Tokyo
住所
 渋谷区神宮前6-29ー2 1・2F 
営業時間
11:00~20:00
URL
http://botanistofficial.com/botanist_tokyo/
電話番号
03-5766-3777

/

この記事の著者

michill グルメ・おでかけ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録