アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

カラーレスなのに確実に大きく見える♡ヘアメイクが教える極限までナチュラルなデカ目の作り方

誰でも一度は、大きくてぱっちりした目元に憧れたことがあるのでは?色んなデカ目メイクの方法がありますが、今回お伝えするのは極限までナチュラルにしつつも、確実に目を大きく見せるカラーレスなアイメイク。もともと大きな瞳を持ち合わせているかのように見える細やかなテクニックをヘアメイクがご紹介いたします!

目次

ノーカラーでもアプリ級にデカ目をゲットするメイク方法って…?

① 肌なじみのいいベージュシャドウをまぶたにのせる。

 ノーカラーとはいっても、まぶたにある色素沈着や色ムラはカバーしたいもの…。

そんなときに1つ持っておくと便利なのが、自分の肌よりほんの少し明るいパール入りのベージュ系アイシャドウ。

色味をのせるためのアイカラーではなく、目元に立体感をしのばせ、肌をキレイに見せてくれる色を淡くのせます。ナチュラルメイクに見せたいときこそ、肌とアイシャドウの境目をちゃんとなじませてあげましょう。

実際の自分の目の幅よりも、ほんの少し大きく入れるようなイメージで、目の端から端までアイシャドウをのせます。

② まつ毛をしっかりカールさせる。

最大限まで目を大きく見せるために、ビューラーの使い方を見直してみましょう。

目にかかったまつ毛をビューラーで根元からしっかりと上げて、白目を見える範囲を広げてあげます。

まぶたに厚みがある人や、一重まぶたの人は、まつ毛の根元が見えるように、まぶたをくいっと持ち上げながら挟みましょう。

扇型にまつ毛が広がるように、目頭や目尻の短いまつ毛までキャッチしてあげるように、中央、目頭、目尻と、3回に分けて挟んでいくと上手に仕上がります。

③ アイラインを極細に引く。

アイラインを引くときは、目のフレームに沿って引く…というのが王道ですが、極限までナチュラルにしたいので、今回は、黒目の上のまつ毛の隙間のみに、アイラインを足してあげます。

こうすることで自然に目の縦幅がでますし、まつ毛が太く、濃くなったように見えます。

④ マスカラは艶のあるタイプを選ぶ。

目を大きく見せたいわけですから、まつ毛には長さや、ボリュームも欲しいのですが、今回こだわるのはマスカラの質感。

マスカラも使い比べると色んなタイプがあって、艶のあるハリコシのいいまつ毛に見せてくれるものや、マットで存在感があり、ボリューミーなまつ毛に見せてくれるものなどさまざま。

マスカラの液体がサラサラとしたものは、比較的艶やかに仕上がるものが多いのでおすすめです。まつ毛に艶やかな艶があると、健康的で自然な印象に見え、さらに白目がきれいに見えますよ。

⑤ 下まぶたに艶を足す。

最後の仕上げは下まぶた。目を大きく見せたいときには、下まぶたの効果をどれだけ活かすかにもかかっています。

だからといって、涙袋を強調するメイクになってしまっては、メイク感がですぎてしまうので、この箇所には、リキッド状のハイライトを入れます。

それも、全体ではなく写真のように、涙袋が一番ふっくら見える黒目下あたりに指で少量だけのせます。ここに艶をだすと、下まぶたもふっくら見えて、自然なままに目が大きく見えます。

今回はヘアメイクが細部までこだわった、デカ目メイクの方法をご紹介しました。本当のナチュラルメイクは、飾った感がないけど、手抜き感もでない、自分のパーツを活かしたようなメイク。それでいて、デカ目効果が叶うなら嬉しいものですよね。

ぜひ、ほんの少しの工夫をたくさん目元に集めて、メイクに取り入れてみてくださいね。

「#デカ目効果」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

森田玲子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録