アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

シンプルだけど最高に美味しい!おうちで作れるフランス菓子「フラン」のレシピ

製菓学校卒の手作りお菓子ブロガーnyontaです。フランと言うお菓子はご存じですか?(某お菓子メーカーの物ではありませんよ!笑)素朴な焼き菓子ですが、ものすごく美味しくて魅力あふれるスイーツです。今回はお家で作れる美味しいフランレシピをご紹介します。

目次

フランってどんなお菓子?

フランはフランスの国民的なお菓子。パティスリーやパン屋さんでいつでも買える定番菓子です。

サクサクのパイ生地にカスタードクリームのような物を詰めてオーブンで焼き上げます。温かいままだとクリームがトロッと柔らかく、冷やすとプリンタルトのような食感に。シンプルだけど最高に美味しいお菓子です♪

日本ではあまり見かけることはありませんが、ティラミスやタピオカのようにいつかブームが来てくれないかな!?と熱視線を送っています!

フランのレシピ

材料(16~18cmタルト型)

〇パートブリゼ
・強力粉 85g
・薄力粉 85g
・塩 3g
・グラニュー糖 15g
・無塩バター 100g
・卵 20g
・牛乳 10g

〇アパレイユ
・牛乳 300cc
・全卵 1個
・卵黄 2個
・グラニュー糖 60g
・薄力粉 35g
・無塩バター 30g
・バニラペースト 小さじ1

☆タルト型は今回16cmで底がやや深い物を使用しました。なければ18cmでも構いません。

☆パートブリゼは作りやすい分量で作っています。余れば他のお菓子やキッシュなどにも使えますよ◎

下準備

・パートブリゼの材料は全て冷蔵庫で冷やしておき、無塩バターは1cm角程度にカットしておく。

パートブリゼの作り方

① フードプロセッサーに粉類を全て入れ、軽く回して混ぜる。冷やしておいた無塩バターも入れる。

② ガッガッガッと小刻みにかけて、バターがサラサラの粒状になるまでフープロにかける。

③ 卵と牛乳を合わせて加え、ひとまとまりになるまでガーッとかける。

④ ラップに包んで冷蔵庫で三時間~一晩休ませる。

⑤ 生地を台の上で2mm厚さに伸ばす。伸ばしたら冷蔵庫で30分程冷やす(休ませながら行わないと、生地が縮んでしまうため)。

⑥ 型に敷き込む(この時、生地を引っ張って敷き込むと焼きあがった時に縮むので、生地を押し込むようにして底の角を入れ、なるべく生地に負担をかけないようにするのがコツです)。敷き込んだら淵の生地をナイフで落とし、フォークで空気穴をあける。

⑦ 重石を乗せて、190℃で20分→重石を外して10分焼く。※重石はお米や大豆でも代用出来ます。

⑧ 焼きあがったら型から外さず、そのまま待機させておく。

アパレイユの作り方

① 鍋で牛乳を温める。ボールに全卵・卵黄・グラニュー糖を入れて混ぜ、薄力粉も入れて混ぜる。温めた牛乳を入れてホイッパーで混ぜ、茶漉しで漉しながら鍋に戻す。

② 中火~強火にして絶えずかき混ぜながら炊いていく。固まってきてからも混ぜ続け、固かったクリームがトロっと少し緩んだ所で火を止める。無塩バターとバニラペーストを入れゴムベラで混ぜる。

③ 空焼きしておいた土台に流し入れる。

④ 180℃のオーブンで約30分美味しそうな焼き色がつくまで焼く。

出来上がりです。少し粗熱が取れたくらいが一番美味しく頂けます。冷やしてももちろん美味しいですよ!

冷めてからでもレンジやトースターでリベイクすれば焼き立てを再び味わえます。

素朴で美味しい家庭菓子のフラン、ぜひ作ってみて下さいね!

「#焼き菓子」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

nyonta

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録