アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

自眉の形を生かすから失敗しにくい♡簡単なのに圧倒的に垢抜けるの似合わせ眉の作り方

顔の印象の8割は眉毛で決まるとも言われるほど、顔のパーツの中でもとても重要なポジション。それなのに、アイメイクほどガラリと印象を変えるのは難しく、なかなかテクニックがいります。眉毛の生え方にコンプレックスがあったり、上手に眉毛を整えられないという方必見、自眉のタイプ別に眉メイクの作り方を紹介します。

目次

眉毛は剃らずに足していく

カミソリで眉毛を整えているうちに「眉毛が極細になっちゃった!」「なくなっちゃった!」なんて事故、経験したことはありませんか?

よりナチュラルに、トレンド感のある眉毛を作る秘訣は「剃らずに足す」です。

今回は自眉のタイプ別に、眉毛の“足し方”をレクチャーします!

つり眉さん

私も少しつり眉気味なのですが、平行眉が主流の今、つり眉で悩んでいる方も多いのでは?

つり眉さんは、眉頭の上部、眉山の下を描き足すことで、すっと平行の眉毛に仕上げることができます。

つり眉だからと言って眉尻を下げすぎるとバランスが悪くなるので、描き足すのは「眉山の下側」ですよ!

つり眉さんに多いのですが、眉山の上の筋肉が発達してボコッと膨らんでしまっている方はコンシーラーで消すとつり眉が少し緩和されますよ。

下がり眉さん

つり眉さんとは真逆の下がり眉さんは、描き足す部分もつり眉さんと真逆です。

眉頭の下部と眉山あたりを足していきましょう。

ただ、この2点は雑に描いてしまうととても不自然な眉になってしまいます。

アイブロウの色味やツール(ペンシル、パウダー、リキッド)をしっかり吟味して選びましょう。

描き方のコツは記事の後半でご紹介しますね。

三角眉さん

意外と多いのがこの三角眉さん。

眉と眉が離れて見えがちなので、眉頭を中心に書き足していきます。

三角眉さんも、下がり眉さん同様、丁寧に描いていかないと不自然になってしまう可能性が高いので、アイテムの見直しと練習あるのみです!

自然な眉を描くポイント:パウダーとペンシル(リキッド)の使い分け

アイブロウアイテムの使い分けの仕方が分からない!という方はこちらを基準にしてみてください。

眉頭側はパウダー、眉尻側はペンシルやリキッドがオススメ。

パウダーを使う際のブラシ選びですが、全体的にふんわり仕上げたい場合は太めのアイブロウブラシ、キリッと引き締めたい場合は細めのアイブロウブラシがオススメです。

自然な眉を描くポイント:毛の生え方の沿ったストローク

一見すると地味なポイントですが、ペンシルやブラシのストロークは立体的な眉毛に仕上げるためにとても重要!

とくに目頭は下から上へ、毛を一本一本描くようにすると、下がり眉さんや三角眉さんも自然な眉を描くことができます。

まずはスクリューブラシで毛流れを整えて、自分の眉毛と向き合ってみてくださいね!

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録