アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

吉村和美さんの器でいつものおうちごはんに「気のせい」をプラス

神楽坂にあるギャラリー「ラ・ロンダジル」さんから、展示会の案内が届きました。数年前にお友だちのカフェで初めて手に取った瞬間、魂を抜かれてしまい、以来、少しずつ集めている、吉村和美さんの器の展示会です。万難を排して初日に…は叶わず、会期後半にようやく伺えました。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

神楽坂のギャラリー「ラ・ロンダジル」さんへ

「ラ・ロンダジル」さんは、神楽坂通りから毘沙門さんの脇の路地に入り、東京の真ん中とは思えない、懐かしさすら感じる通りを数分、歩いたところにあります。
大きな楕円の窓が目印、その窓の上には、村瀬可衣さんによるステンドグラスの看板があります。

出会いは小さな奇跡

1階が展示スペース、お目当ての吉村和美さんの個展が開かれていました。
今回は、吉村さんらしい、パレットに並んだ絵具のような器が、700点以上並んだとのことです。
初日はさぞ壮観であったことでしょう。ああ口惜しい。

この日は、器の数もだいぶ少なくなって、展示スペースは半分になっていましたが、その分、オーナーさんに組み合わせや使い方など、相談に乗っていただきながら、美しすぎる吉村さんの器をじっくり選ぶことができました。
沢山あると当然迷うのですが、少なくても迷うのですよね。不思議です。

吉村さんの器を包んでいただいている間に、地下の常設ショップを拝見しました。
1階は窓が多くてとっても明るいのですが、地下は一転別世界、重厚感ある空間に約50名の作家さんの手仕事による作品が並びます。

吉村さんの器だけいただいて帰る予定だったのですが、ここでとっても素敵なガラスの器に出会ってしまいました。
正に一期一会、思いがけない出会いは、ギャラリーに直接足を運ばなければ決して起こすことのできない小さな奇跡、だと思います。
これも、おうち大好きでお買い物は通販一辺倒、食器も機能性重視で工業製品ばかり使っていたわたしが、吉村さんの器に出会って知った、楽しみの一つです。

手仕事の美しい器たちは、日常使いしてこそ生命力を発揮する


中々器の写真が出てきませんね?
ですね。焦らしてすみません。
こちらが、我が家にお連れした吉村さんの器です。

飯茶碗と副菜やスープを入れるのに良さそうなボウルを3色揃えてみました。
吉村さんの器の中では、渋めのお色だと思います。
飯茶碗は少し大きめで、小さなお丼や小鉢としても使えそう。

欲しかった新色のフリーカップとリム皿も、幸運にもわたしの元に。
これでケーキとコーヒーをいただいたら至福に違いありません。

こちらが、地下の常設ショップで心を奪われた井上美樹さんのグラスと、合わせて購入した坂野友紀さんのアルミのコースターです。
グラスは吹きガラスなので大きさは均一ではなく、洗うのもちょっと大変、収納性はゼロ。しかし、それらすべての弱点を凌駕する美しさに魅了され、置き場も無いのに連れて帰ってしまいました。
実際にお水を飲んでみて驚きました。その飲みやすさと手にすっぽりとなじむ持ちやすさは、姿の美しさ以上です。

じっくり選んだお気に入りの作家さんの器は、眺めて触れているだけでシアワセな気持ちになれますが、器は日常使いしてこそその生命力を発揮します。
折角の機会ですので、不肖わたくしによる「誰にでも作れるいつものおうちごはん」を盛りつけて、そのギャップに萌えていただこうと思います。

今日のメニューは、じっくり煮込…ウソです、圧力鍋で煮込んだ牛すね肉のボルシチ風煮込みと、アスパラガスと卵のサラダ、そして一度食べたら忘れられない衝撃の珍味(?)、落花生の炊き込みご飯です。
いつものごはんが、器を大好きな作家さんのものに変えただけで、特別なごはんに変身、心なしかより美味しく感じます。
気のせいなんですけど、この得難い「気のせい」のために、わたしはこれからもせっせと展示会へと赴くのです。

店名
ラ・ロンダジル
住所
東京都新宿区若宮町11 麻耶ビル1F
営業時間
11:30~18:30 ※祝日11:30~18:00
定休日
日・月 ※展覧会開催中を除く
電話番号
03ー3260ー6801
URL
http://la-ronde.com

執筆者:rainydaygirl



48

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッションニュースなどを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録