アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

『浮気したのは彼なのに…!』サレタ側の彼女が気の毒すぎ…結末にぞっとする災難エピソード3選

した側は軽い気持ちでも、された側は相当のダメージを負う浮気。下手をしたら一生の傷が残るくらいの大事件ですよね。相手に相応の罰が下せたらいいですが、そうもいかないサレタ側の女性も多いようで…。今回は「浮気後も地獄をみた…」というサレタ側の彼女たちのぞっとする災難エピソードを紹介します。

目次

自分のほうがセカンドだった女子

マメで優しい自慢の彼氏。そう信じていた彼氏の裏の顔は、まさかの遊び人!

二股、三股は当たり前の浮気常習犯だったのです…。たしかに、遊び人って浮気がバレないようにマメなタイプが多いような…。

しかも話し合ってみると、彼には別に本命がいることが判明。そのサレタ側の彼女はプライドを傷つけられたのが許せず、どうにか復讐を…と彼の身辺を探ったといいます。

しかし下手に彼のまわりを嗅ぎまわったことで、女性のほうがストーカー扱いを受ける始末…。話を聞いているだけでも悔しいですが、遊び人のほうが一枚上手だったようです…。

浮気男がメンヘラ化した女子

結婚を前提にお付き合いをしていた彼の浮気が発覚。サレタ側の彼女は「一度きりの過ち」「魔が差しただけ」という彼に許すかどうか悩んだそうですが、お別れを選択。

後日、彼の両親が謝罪に来てからじわじわと雲行きが怪しくなったそう。

両親の後ろで拗ねたように黙っている彼に、どんどん愛情が覚めていく女性。一方で彼のほうは「君なしじゃ、生きていけないんだ」と連日連絡を送ってくるメンヘラに…。

このままストーカー化するのでは…と気を病んだ彼女は、職場や住居を変えざるをえなくなったといいます。危険からは離れるのが一番ですからね…。

浮気旦那を信じられず冷めきった日々を過ごす女子

旦那さんの浮気相手は会社の後輩。専業主婦だったサレタ側の彼女は「公にすると旦那が会社にいられなくなるかも」「子どものことを考えると自分ひとりじゃお金が…」と色々悩んだ末、離婚を踏みとどまったそうです。

しかし一応和解した後も、旦那さんにつのる不信の日々。会社に送り出すたび、帰りが遅くなると連絡がくるたび、「また浮気をしているのでは…」と不安になるといいます。

事実、旦那さんにはその後も浮気の影がちらほら…。サレタ側の彼女はパートをはじめ、「子どもたちが自立するまでの我慢…」とコツコツと貯金することだけが今の生きがいだそうです…。

「どうにか、やり返そうよ!」という気持ちにもなってくる浮気サレタ側のエピソード。しかし復讐したところで、彼女らに幸せが訪れるわけではありません…。

1日も早く、浮気男との縁が切れることを祈ります。

「#恋愛」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

ひがしあや

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録