アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

若作りに見えるのはNG!アラサー女子の魅力を生かす♡今っぽ美人見えメイク

アラサーだけど20代の頃からずっと同じメイクをしているという方!大人の魅力が輝き始めるアラサー世代だからこそ、若者とは一味も二味も違う大人っぽいメイクをしてみませんか?アラサーだけど盛りたい、でも若作りには見せたくない。そんな悩みを解消する大人メイクをご提案します。

目次

【POINT1】オトナ女子はベースメイクが命!下地をうまく使って作り込み過ぎないこなれ肌に

くすみがちなお肌の救世主は「ピンク色の化粧下地」。

とくに色素沈着や血行不良によってくすみがちな目の周りをしっかりと補正することで、顔の印象がガラリと変わります。

無印良品の「高保湿UVメイクアップベース」は色補正だけでなく、UV効果と潤い成分も配合されているのでトラブルが出やすいアラサーの肌にはもってこいのアイテム。

よりくすみが重症な方には、同じく無印良品から発売されている「UVベースコントロールカラー」のピンクがおすすめです。

意外と見落としがちな口角のくすみも、化粧下地の段階で補正をかけることにより、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りすることなく、パッと明るい肌にすることができます。

【POINT2】赤シャドウを巧みに使った大人のデカ目メイク

デカ目メイクというと、ブラウンアイシャドウで彫りを深く見せたり、涙袋を作ったりを想像する方も多いと思いますが、アラサーはより自然にそつなくデカ目メイクをしたいところ。

そこでオススメなのが、艶のある「赤シャドウ」を使ったデカ目メイクです。

赤シャドウ=腫れぼったくなるというイメージもお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、その膨張してしまう特性を利用して目を大きく見せるテクニックです。

下まぶたのまつ毛ラインあたりに赤いシャドウをのせるだけで、目の粘膜が広がったように見えるデカ目効果が得られます。

キリッとした目つきの方は優しい印象になるし、涙を流した後のような温度と湿度が高めの、女っぽい目元に仕上がります。

【POINT3】上品なのに目力はアップ!大人のデカ目はまつ毛を上げすぎないから色っぽい

まつ毛を根元からしっかり上げてしまうとどうしても「びっくりした目」になってしまい、色っぽさや奥ゆかしさに欠けるのです。

アンニュイで色っぽい印象にするためには、まつ毛の角度よりもカールの美しさを意識してください。

また、日常生活では真正面から顔を見られることよりも、横から見られることの方が多いんです。

横から見たときにカクっと直角に上がっているまつ毛よりも、弧を描くようにカールしたまつ毛の方が断然、魅力的です。

【POINT4】ペンシルアイライナーを筆で使う一手間で完成度のクオリティが2倍違う

ペンシルアイライナーを小さめの平筆にとって、スタンプを押すようにしてまつ毛の間を埋めていきます。

この方法だと、アイライナーが落ちにくく、もともとまつ毛の濃い目に見せることができます。

柔らかすぎて書きにくいペンシルアイライナーや、アイラインを描くのが苦手だという方でも簡単に自然なアイラインが引ける裏技です。

少しいつもより時間がかかるかもしれませんが、その積み重ねが美人顔に近付く第一歩になりますよ!

「#美人メイク」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録