アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

きのことごぼうの旨味たっぷり炊き込みご飯

秋の食材といえば「きのこ」。旬のきのことごぼうをたっぷり使った炊き込みご飯をご紹介します。

目次

この記事を試すのにかかる時間

  • 15分(炊き込み時間は含まない)

この記事を試すのにかかる金額

  • 約250円(税込、米は含まない)

きのことごぼうの旨味たっぷり炊き込みご飯

きのこと今回使用した昆布にはグルタミン酸という旨味成分が含まれています。その上、きのこにはたくさんのビタミンが含まれ、また昆布は水溶性食物繊維がたっぷり。ごぼうには食物繊維だけでなく、むくみを解消する利尿効果もあります。旬の野菜を摂って健康な体を維持しましょう。

<材料>4人分

・米…2合
・細ごぼう…1/2本(30g)
・しめじ…1/2袋(50g)
・まいたけ…1/2g(50g)
・しいたけ(小)…3枚
・油揚げ…1/2枚
☆酒…大さじ1
☆みりん…大さじ1
☆白だし…大さじ2
☆塩昆布…10g
☆水…300cc

<作り方>

① きのこ類は石づきを切り落とし、しめじ、まいたけは手で割いて、しいたけは軸もスライスする。

② ごぼうはよく洗い、ささがきにして酢水につけ、水切りしておく。
油揚げは縦に半分切って5㎜幅に切る。

③ 炊飯器に洗って下準備した米、☆、①と②を入れて炊く。
(※かさ高いですが気にしない)

④ 炊き上がったら10分むらして上下混ぜる。

<ポイント>
きのこから水分が出るため、分量通りにすると少し柔らかめになります。お好みで水の量を調整してください。
余った油揚げは切って袋に入れ、冷凍保存しておくと便利です。

きのことごぼうの炊き込みご飯でできる♡紅葉弁当

きのことごぼうの旨味たっぷり炊き込みご飯が入った、紅葉を意識したお弁当です。葉っぱの型はストローで作ります。

<材料>

・卵…1個
・カニカマ…1本
・ストロー極太(タピオカ用)…1本

<作り方>

① ストローを3cm長に切る。ストローの先を人差し指と親指でギュッと潰してしずく型にする。

(※写真右がストローを潰したしずく型)

② 薄焼き卵を焼く。カニカマは赤い部分だけはがしておく。

③ ②を広げて①の型を押して葉っぱを形取り、お弁当に散らず。

紅葉の雰囲気が出るように散らして楽しんでくださいね。


/

この記事の著者

Taruya

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録