アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

生まれつきデカ目に見せたい人必見♡今っぽナチュラルデカ目を作るメイクのポイント4つ

美容ライターのかおりんりんです。アイメイクをするなら、やっぱりデカ目に見せたいという人が多いのではないでしょうか。今回は、生まれつきのようなナチュラルなデカ目を作る上で、筆者が普段から気をつけていることやNGポイントをご紹介していきます。

目次

ポイント1:目のキワに入れるアイシャドウは太くしすぎない

目のキワのアイシャドウ、簡単に言うと締め色を入れる範囲ってどうしていますか?デカ目を意識すると、つい広い範囲にアイシャドウの締め色を入れたくなってしまいますよね。

しかしその範囲が広すぎると逆効果になってしまうことも。

目のキワにアイラインのように太くし過ぎず入れることで、自然にデカ目にしてくれるので、目のキワに入れるアイシャドウは細めにするのがオススメです!

いつものアイメイクが重たくなりがちな方は、目尻のみに締め色を入れるだけでも自然に陰影がつけられ目が大きく見えますよ。

ポイント2:アイラインは目頭から目尻まで入れない

デカ目に見せたい!と思うと、ついアイラインを目頭から目尻までがっつり入れてしまいがち。

もちろん目頭から目尻までアイラインを入れるのは悪いことではないですが、今っぽいデカ目を作るなら目尻のみにアイラインを入れるのが断然オススメです。

目尻のみにアイラインを引くとアイメイク全体が軽やかな印象になり、簡単に抜け感が出せてオシャレに見えまよ。

ポイント3:まつ毛はなりたい雰囲気によって、ビューラーのやり方を変える

ビューラーでまつ毛を上げるのは、デカ目を作るのには欠かせない工程ですよね。そんな大切なビューラーですが、上げ方はワンパターンになりがち。

なりたい雰囲気によってビューラーでのまつげの上げ方を変えるのが、今時のデカ目メイクです。

可愛らしい印象に見せたい時は、根元からしっかりとまつげ全体を立ち上げた上で、目頭側・真ん中・目尻側の3段階に分けて追加であげるとくりっとした瞳に!

ナチュラルな印象や綺麗めな印象に見せたい時は、まつ毛の中間あたりにビューラーを当てまつげ全体を1回でふんわりとあげるのがオススメです。そうすると柔らかいナチュラルな印象の目元になりますよ。

効果絶大なので、なりたい雰囲気でぜひビューラーのやり方を変えてみてくださいね。

ポイント4:下まぶたのアイシャドウは2/3まで

下まぶたのメイクってどうしていますか?下まぶたまでしっかりメイクする派としない派で分かれると思うのですが、実は下まぶたのメイクをしっかりするだけでナチュラルなデカ目が簡単に作れちゃうんです。

下まぶたにアイシャドウを入れる時のポイントは、下まぶた全体にアイシャドウを塗らずに、目尻から黒目の下あたりまでの2/3までにすること。

下まぶた全体に塗ってしまうと、どうしても重たい印象になりがちです。

アイシャドウを入れる場所を目尻から2/3までにすることによって、抜け感があるナチュラルなデカ目になるのでぜひやってみてくださいね。

「#デカ目メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

かおりんりん

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録