アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク

ちょっと前は定番だったけど、美容通はもうやめました!垢抜けから遠ざかるアイメイク

/

コーディネートにトレンドがあるように、メイクにもその時々に合った方法があります。ずっとアップデートせずに同じメイクを続けていると、ちょっと前までは定番でも今やるには古く見えてしまっているかも!そこで今回は、今はやらない方がいい「NGアイメイク」をmichill編集部がご紹介します。

他のおすすめ記事を読む
アイメイクのコツ
流行りだけど実はむずかしい…ヌーディー&くすみカラーのアイメイクを失敗しないコツ

目次

アイシャドウで囲み目メイクをする

古く見えるNGアイメイク

目を大きく見せると人気だった囲み目メイク。しかし、現在は「目尻を埋めない」のがトレンドに。

今っぽさを演出するなら目尻に余白を作り、上まぶたと同じアイシャドウを涙袋に塗ってみて。その上に細かいラメを塗るのもおすすめです。

下まつげにマスカラを塗らない

古く見えるNGアイメイク

少し前は「ケバく見えるから…」と、下まつげにはマスカラを塗らないのが主流でしたが、現在は逆!下まつげにマスカラを塗り、中顔面を短く見せるのが定番なんです。

下まつげに軽く束感を作るようにマスカラを塗ると、目力もUP。ただし、アイメイク全体をバッチリ仕上げてしまうとケバい印象になりやすいので、下まつげにマスカラを塗るときはアイシャドウを控えめにしてみましょう。

アイラインをまっすぐ一筆で書く

古く見えるNGアイメイク

アイラインをまっすぐ一筆書きしていると、ぱっと見キレイに仕上がっているように見えますが、実は古く見える原因に。

今どきのアイラインは、まつ毛の隙間を点で埋めるように書くのがポイントです。そうすることで、目元を引き締めつつも今っぽく抜け感のある仕上がりになりますよ♪

目頭にハイライトをいれる

古く見えるNGアイメイク

レフ板効果で目元の印象を良くする、目頭へのハイライト。たしかに目頭を明るくすると目は大きく見えるのですが、こちらも古く見えやすいNGポイントです。

今っぽく仕上げるなら、白っぽいアイシャドウを使うのは避け、ツヤと透け感のあるナチュラルなアイシャドウを目頭にのせるのがおすすめ。範囲を小さめにして、調整しながらメイクしてみましょう。

今回は、今はやらない方がいい「NGアイメイク」をご紹介しました。

メイクもトレンドに合わせてアップデートしていくことが大切です。毎日のメイクの参考にしてみてくださいね!

記事協力:tobibiまるまりこ



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

michill ビューティー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

ビューティの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録