アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク 眉の描き方

2020年の正解まゆ毛はコレ!眉サロンクオリティの垢抜け眉の作り方♡

少し前までは太眉が流行っていたのに、細めの平行眉が流行ったり、最近はアイブロウメイクの移り変わりがとても早いですね。また、アイブロウサロンやアートメイクなど、眉に特化したお店も増えてきています。今回は自宅で簡単にサロン帰りのような流行垢抜け眉になれる方法をご紹介します。

目次

こんな眉はもう時代遅れ?避けたいNG眉

角度急すぎ眉

眉頭の位置が低く、眉山にかけて角度がキツい眉は90年代に多かったアイブロウメイク。

案外整えやすく描きやすいので、ついこういった角度のキツい眉になっている方も多いのです。

元々眉の形が角度のついている方でも、今回ご紹介する方法で流行眉にすることができます。

眉尻細すぎ眉

最近はペン先がとても細いアイブロウペンシルがたくさん販売されています。そういったアイテムは、まるで漫画のような細い眉が描きやすいためつい眉尻が細くなりすぎることも。

細い眉尻は見た目は美しいのですが、ちょっぴり不自然に見えてしまいます。

【保存版】垢抜け眉はこうやって作る!

STEP1:眉頭の始まりに点をつける

まずはスクリューブラシなどを使い、眉をしっかりブラッシングします。そうすると眉頭の毛が生えている一番始めの部分が見えてくると思います。

まずはそこに点をつけましょう。

STEP2:STEP1でつけた点から真っ直ぐに線を引く

可能であれば定規などを使って真っ直ぐ線を引きます。だいたい眉山のあたりまでとにかく真っ直ぐ。

はみ出てしまう毛などは無視して大丈夫です。

STEP3:STEP2で引いた直線と平行になるようにアンダーラインを書いていきます

こちらもとにかく真っ直ぐ平行に引いていきます。

STEP2で引いた直線よりも気持ち長めに引くのがポイントです。

STEP4:目尻の位置から上の直線を下げながら下の直線と繋げる

大体目尻の延長線上から直線をカーブさせていきます。

下の線はあまり下げすぎないように、カーブは緩く、アーチを描くように書いていきます。

STEP5:ガイドラインからはみ出た眉毛をカットしていきます

元の眉毛の形によっては眉山部分がかなりはみ出しているかと思いますが、カットしてしまってOKです(ただしピンセットで抜かないでください)。

まぶた付近の細い産毛はピンセットで抜いてOK。その他はカミソリやハサミを使ってください。

また、コームで眉毛を押し上げたり押し下げながら、ガイドラインからはみ出してしまった長い毛もカットしてください。

完成したのがこちら

私は元々角度がつきやすい眉なのですが、見事な平行眉になりました。

最近の流行眉は平行でかつやわからなカーブのある、平行アーチ眉。長さは短めが垢抜けポイントです。

ちなみに上記のカット方法では、 眉頭や眉山の下(写真のオレンジ部分)の毛がスカスカになるという方が多いかと思います。

そのまま眉の形に沿って書いてしまうと結局NG眉になってしまうので、オレンジ色で記した部分はアイブロウパウダーやペンシルでしっかりと書き足す必要があります。

ぜひ、みなさんもペンシルとカミソリ、ハサミを持って一緒に整えてみてくださいね!

「#眉メイク」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録