アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

めんどくさい…片付けられない人必見!汚部屋はココから始まる!?

ゴミ屋敷や汚部屋と呼ばれる家をテレビの特集などで見ることがあります。 そのようなおうちも、最初からそんな状態だったわけではないですよね。 では、最初のきっかけは何だったのでしょうか。 部屋の片付けがめんどくさい…という人はぜひチェックしてみてくださいね。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

床置き

最初から答えを書いてしまいますが、汚部屋のはじまりは『床置き』です。

例え、掃除が行き届いていなかったり、キッチンやテーブルの上がゴチャゴチャしていたとしても、床にモノが1つも置かれていない状態だったら『汚部屋』とまでは言えないでしょう。

では、床置きの始まりは?

バッグや、紙袋、レジ袋が多い。

ちょこっと置いてしまいがちではないですか?

置いてしまうことに罪悪感を感じにくいんですよね。

多分、中身が見えないから。

バッグの中身を何もない床に、ゴチャっと置くのは気が引けるんですが、まとまっているってことで、許してしまいがち。

どこから置き始めるの?

壁際です。

モノは壁際から侵食してきます。

最初にど真ん中に置くのは、やっぱり気が引けるんですよ。

部屋のど真ん中に、小物がパラパラと散らばっているって不自然。わざと散らかした感満載です。

壁際の安心感は、恐ろしいですね。

一度、何かが置かれてしまえば、広がっていくのは早いです。

もう、小物だろうとゴミだろうと、最初に置かれたモノの周辺にどんどん置かれていきます。

とりあえず、壁際にまとめて置いてある状態から、いつの間にか床が見えない状態へ。

思い当たる方は、いらっしゃいますか?

原因が分かれば、気を付けることが出来ますよね。

買い物をしてきたモノは、とりあえず袋のまま床に置くのではなく、とりあえず袋から出してみてください。

袋から出すだけで、それが床に置かれる確率はかなり減るはず。

床って、見えれば見えるほど、気分が上がるんですよ!!


【あなたにおすすめの記事】
■真似しちゃダメ!片付けられない女の特徴10個
■めんどくさい、捨てられないを解決する3つのポイント
■いつでもすぐ片付く家の作り方とは?


執筆者:大塚奈緒



245

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録