アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

全部10分!電子レンジだけですぐ作れる!ソーセージのおかず3選

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。朝ごはんやお弁当、もちろん晩ごはんにも大活躍のソーセージを使った、簡単に作れるおかずを紹介します!しかも調理は電子レンジのみ!忙しい時や暑くてキッチンに立ちたくない時に、おすすめの手間なしおかずのレシピ3選です。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 各10分

ソーセージ入りキムチともやしのレンジ蒸しのレシピ

ピリ辛が食欲そそります!もやしのおかずは、コスパも良し!

材料(2人分)

・ソーセージ…100g(5本くらい)
・キムチ…120~130g
・もやし…200g
・ニラ…20g
・ごま油…小さじ2
・しょう油…小さじ2
・みりん…大さじ1

下準備

・ニラは、3~4cmほどの長さに切る。
・ソーセージは斜め切りにしておく。

作り方

① 耐熱ボウルに、もやしとニラを入れ、ごま油、しょう油、みりんを加えて和えたら、ラップをせずに電子レンジ600wで3分加熱をする。

ポイント
電子レンジで加熱する際は、中央をくぼませると均等に加熱しやすくなりますよ!特にかさがある時や量がある場合は有効です。

② 斜め切りにしたソーセージとキムチを入れて和えたら、再び電子レンジ600wで1分半ほど加熱する。

③ 器に盛って、出来上がり。

電子レンジから取り出す時は、熱いのでお気お付けくださいね!

たっぷり野菜とソーセージのマヨ炒め風

ゴロゴロの野菜と食べ応えのあるフランクフルトで、食べ応えも十分!満足感ありです!

材料(2人分)

・フランクフルト…120g(2本)
・茄子…小1本(可食部80gくらい)
・アボカド…1/2個
・玉ねぎ…1/4個
・プチトマト…8~10個
・ヤングコーン…5~6本
・エリンギ…1本
・マヨネーズ…大さじ2
・顆粒コンソメ…2g(小さじ1くらい)
・塩…少々
・オリーブオイル…大さじ1
・刻みパセリ…適量
・黒胡椒…適量
・粉チーズ…適量

下準備

具材をそれぞれの大きさに切ります。
・茄子は6~7mmの輪切り、アボカドは一口大に切り、玉ねぎは乱切りに、エリンギは5mmほどの斜め切りにする。
・フランクフルトは、ひと口大の乱切りにする。

ちなみに、フランクフルトやウインナーとは、ソーセージの種類で、太さや使う腸などで呼び名が変わります。フランクフルトは直径20~36mmのことです。

作り方

① 耐熱ボウルに、玉ねぎと茄子を入れたら、塩とオリーブオイルを入れて和える。電子レンジ600wで3分加熱する。

② 一旦取り出し、フランクフルト、アボカド、エリンギ、ヤングコーン、プチトマトを加える。

③ マヨネーズ、顆粒コンソメ、刻みパセリを入れて和えたら、耐熱容器に移し、粉チーズと黒胡椒を振りかける。

④ 電子レンジ600wで3分加熱したら、出来上がり。

出来上がったら、そのままテーブルへ出せるように途中工程④で耐熱容器に移し替えました。具材と調味料を混ぜにくいですが、最初からそのままサーブできる容器を使用しても良いと思います。くれぐれも耐熱用を使用して下さいね!

ソーセージの親子丼風卵とじのレシピ

卵を2回に分けて仕上げる、ふわとろの卵とじです。

材料(2人分)

・ソーセージ…80g(4~5本)
・卵…2個
・玉ねぎ…1/6個(40gくらい)
・めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ2
・水…大さじ3
・みりん…大さじ1
・刻み海苔…適量
・刻み青ネギ…適量

下準備

・玉ねぎは、繊維を断ち切るように薄切りにする。(電子レンジは、火より温度が上がりにくいので、繊維を断ち切ることで短時間で、ほど良い食感の柔らかさになります。)
・ソーセージは、3~4mmの輪切りにする。
・卵は溶いておく。

作り方

① 耐熱ボウルに玉ねぎとめんつゆ、水、みりんを入れて、電子レンジ600wで2分加熱する。

② 溶き卵を半分とソーセージを入れ軽く混ぜたら、電子レンジ600wで1分半ほど、または卵が固まるまで加熱する。

③ 残りの溶き卵を加えて、2~3回混ぜたら、電子レンジ600wで30秒ほど加熱する。

④ 皿に盛り、刻み海苔と青ネギを散らしたら、出来上がり。

丼ぶりにするのもおススメです。ご飯を盛ったら、刻みのりを敷き、上から③を乗せ、青ネギを散らします。

時間も手間もかからないうえ、子供から大人まで楽しめる、ソーセージ料理。電子レンジだけで作れるので、ぜひ、お家で作ってみて下さいね!

「#電子レンジレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録