ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

パリパリジューシー!手羽先と餃子のいいとこどりでダブルで美味しい!手羽先餃子

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。餃子、お好きですか?手羽先、お好きですか?どちらも好き!ならば、両方いっぺんに楽しめる手羽先餃子はいかがですか?

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 手羽先餃子の作り方 20分(焼く時間は除く)

詰めて焼くだけ!意外と簡単「手羽先餃子」

手羽先の骨を抜いて、餃子のあんを詰めた手羽先餃子は、骨がないので食べやすく、ボリューム満点。

手づかみで頬張れば、パリッとした食感の後に、ジューシーな肉だねの旨みが口いっぱいに広がって、満足感たっぷり!ビールもご飯も進むこと間違いなしです!

手羽先を使っているので、脂質は少なくありませんが、皮で包んでいないので糖質は少なめ。中につめる餃子のあんには野菜をたっぷり入れているので、意外とあっさり食べられます。

作るのが面倒なように感じますが、工作気分で手羽先の骨を抜けば、あとは詰めて焼くだけ。意外と簡単に作れます。

手羽先餃子のレシピ

材料(2人分8本)

手羽先 8本
豚ひき肉 60g
長ねぎ 15cm
にら 4本
キャベツ 70g
ごま油 小さじ1

A)生姜(すりおろす) 小さじ1
A)オイスターソース 小さじ1
A)醤油 小さじ1

B)日本酒 大さじ1
B)塩 小さじ1/2

【餃子のあんを作る】

野菜をたっぷり使って餃子のあんを作っておきます。

① キャベツは、粗みじんに切って塩を適量振り、水気を絞る。にらは、小口切りにする。長ねぎはみじん切りにする。

② ボウルに豚ひき肉とAの調味料を加えてよく練る。ごま油を入れて混ぜたら、キャベツ、にら、長ねぎを入れて混ぜ合わせる。冷蔵庫で寝かせておく。

【手羽先の骨を抜く】

キッチンバサミを使って骨を抜きます。

③ 手羽先の関節を曲がる反対の方に曲げて関節を外す。

④ 手羽先の2本の骨のつながっているところを切り、骨にそってはさみを入れて肉を切りはなす。

⑤ 骨が滑りやすいので、キッチンペーパーなどを使ってねじるようにして骨を外す。

⑥ ビニール袋などに入れて、Bの材料を加えて揉み込む。

【手羽先にあんを詰めて焼く】

焼くのには、オーブンや魚焼きグリルを使うと、全体的にきれいに焼き色が付きます。フライパンでもOK。

焼くと手羽先が縮むため、あんをたくさん詰めると、焼いているうちに中身が飛び出てくるので、あまり詰めすぎないのがお勧めです。

⑦ 手羽先の中にあんを詰める。スプーンなどを使って奥のほうに詰める。少し余裕を残して詰めすぎないようにする。

オーブンを使って焼く場合

天板に並べてごま油少々(分量外)を塗る。余熱したオーブンに入れ、200度で25~30分こんがり焼き色がつくまで焼く。

魚焼きグリルで焼く場合

ごま油少々(分量外)を塗り、焦げないように火加減に注意しながら、10~12分こんがり焼き色がつくまで焼く。(片面焼きのグリルの場合は、途中で返してください)

フライパンで焼く場合

フライパンを火にかけ、ごま油をしき、皮を下にして並べたら、ふたをして弱火で加熱し、両面をこんがりと焼く。

アレンジ!手羽先キムチ餃子

中につめる餃子あんに、キムチを使えばピリ辛味に。キムチの餃子あんを作ったら、詰め方と焼き方は上と同様です。

材料(2人分)

手羽先 8本
豚ひき肉 80g
ねぎ 15cm
キムチ 80g
オイスターソース 小さじ1
ごま油 小さじ1

作り方

① キムチは、軽く汁気を切って粗みじんに切る。長ねぎはみじん切りにする。

② ボウルに豚ひき肉とオイスターソースを入れてよく練る。ごま油を入れて混ぜたら、キムチ、長ねぎを加えて混ぜ合わせる。

③ 上と同様に手羽先に詰めて焼く。

手羽先と餃子のおいしさがいっぺんに味わえる手羽先餃子。手づかみで気取らずに食べられる楽しいメニューです。週末の家飲みのおつまみに、いかがですか?

「#餃子レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

笠原知子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録