アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

札幌のパン屋さん発祥の激うまグルメ!プリっと美味しい「ちくわパン」レシピ

/

調理パンの中でも人気の高いちくわパン。実は札幌のパン屋さんが発祥だと言う事を知っていましたか?今回は札幌市民の私も大好きな、おうちで手ごねで作る美味しいちくわパンのレシピをご紹介していきます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約2~3時間

ちくわパン発祥の地は札幌市民に長年愛されるパン屋さん

北海道に数あるパン屋さんの中でも札幌市民に大人気のパン屋さんが「どんぐり」。

とにかく種類が豊富で、毎日でも通いたくなる素敵なパン屋さんです。

そして、そのどんぐりの定番商品と言えばちくわパン。地元のお客様のリクエストから生まれたそうで、ちくわの中にツナサラダが入ったボリューム満点のおかずパンです。ぷりぷりのちくわが何とも美味しい食感なんです。

ちくわパンのレシピ

材料(8個分)

〇パン生地
・強力粉 180g
・薄力粉 20g
・砂糖 25g
・塩 3g
・ドライイースト 3g
・牛乳 120g
・卵 30g
・無塩バター 30g

〇フィリング
・ちくわ 8本
・シーチキン 1缶
・玉ねぎみじん切り 30g
・マヨネーズ 大さじ2
・塩コショウ 適量

〇仕上げ
・塗り卵 適量
・マヨネーズ 適量
・パセリ 適量

【パン生地を作る】

① ボウルに強力粉・薄力粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れる。牛乳をマグカップに入れレンジで30秒ほど軽く温め、全卵も入れて合わせておく。無塩バターは常温に戻して柔らかくしておく。

② ボウルの粉類をザっと混ぜて、真ん中に窪みを作る。その窪みに牛乳&全卵を入れ混ぜる。

③ 全体に水分を行き渡らせるようにして混ぜ、ある程度まとまったら台に移す。

④ 両手を使って捏ねる(最初は手にくっついて捏ねづらいですが、段々グルテンが出てきて台からペロンと剥がれてきます)。

⑤ 表面がなめらかになってくるまで数分間捏ね、常温に戻しておいたバターを加える。カードで生地を切るようにして合わせ、さらに捏ねる。

⑥ 一まとまりになって表面がツルツルになってきたら、今度は生地を持ち上げて台に打ちつけるようにして叩き捏ね。叩きつけては捏ね、叩きつけては捏ね…を繰り返し、30回ほど叩き捏ねをして形を丸く整える。これにて捏ねは終了です。

⑦ ボウルに移し、ラップをかけて一次発酵。オーブンの発酵機能があればそこで40℃に設定して発酵させて下さい。

⑧ 2倍ほどの大きさになったら発酵終了です。

【フィリングを作る】

ボウルに汁気を切ったシーチキン、玉ねぎのみじん切り、マヨネーズ、塩コショウを入れ混ぜる。ちくわの真ん中に切れ目を入れ、8等分にして詰める。

【成形→焼成する】

生地を台に取り出し、軽く生地を押して空気を抜く。8分割して丸める。ラップか濡れ布巾をかけて15分程ベンチタイム。

① 麺棒で12cm位の長方形に伸ばして手前にちくわを置き、半分から奥の方に3か所カードで切り込みを入れる。

② ちくわを包み込むようにしてくるくる巻いていく。

③ 巻き終わりを下にしてしっかり閉じる。

④ 8本全て成形し、アルミホイルの上に置く。30~40℃の場所で2次発酵する。

1.5倍程度まで大きくなれば発酵終了。卵を刷毛で塗り、真ん中に一本マヨネーズを絞る。200℃に予熱したオーブンで約12分焼成する。

焼成後、マヨネーズの部分にパセリを乗せて出来上がり。

焼き立て熱々のちくわパンは最高の美味しさです。中から熱々のツナサラダが飛び出してくるのでご注意を!ちょっと焦げたマヨネーズがさらに美味しさを引き立てますよ。

おうちでちくわパン、ぜひ作ってみて下さいね!

「#パン作り」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

nyonta

手作りお菓子ブロガー/製菓材料・道具店のレシピスタッフ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録