アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

手持ちのコスメを活かした春メイクの方法

すでに洋服のショップやデパートなどのコスメフロアはすっかり春。色とりどりのアイテムが勢ぞろいしています。しかし、春は新生活の準備やお祝い事などで何かと出費が多くなるので手持ちのアイテムを活用したいところ。そこで、今回は手持ちのコスメを活かした春メイクの方法をご紹介したいと思います。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

まずは2018年のトレンドをチェック!

本題に入る前に2018年のトレンドをおさらいしておきましょう。毎年春といえば、パステルカラーなどの柔らかくて明るいカラーがトレンドになりますが、今年も例外ではありません。

中でも、ピンク、イエロー、ラベンダーが注目カラー。レッドもまだまだトレンドですが、洋服で取り入れるよりも靴やバッグなど小物で取り入れるのが◎。また、ドットやチェック、ストライプなどの柄物も流行しそうです。

それに合わせてメイクは、ツヤ肌が主流に。アイメイクはアイライナーやアイシャドウでポップなカラーを取り入れつつ、グリッターやラメを取り入れるのもオススメ。チークやリップは少し色みを抑えつつも血色をプラスするのがトレンド傾向。

赤リップは今季また下火になり、真っ赤よりもオレンジ寄りの朱赤やパプリカカラーがホットです。質感はここのところ続いていたマットよりもジューシーでツヤのあるものが今季らしいでしょう。

コスメを新調する前に在庫をチェックする

まずは在庫チェックから。上記のトレンドカラーを中心に春らしい柔らかくて明るい色をピックアップしてみましょう。さらに、手持ちの洋服と合わせてどのような組み合わせでメイクするかシミュレーションします。

トップスやボトム、靴などの小物の色とメイクをリンクさせると一体感が出るのでオススメです。そのようにメイクのシミュレーションをすると、必要なアイテムが見えてきて無駄な買い物を避けることができます。以下、実際にシミュレーションしてみましょう。

1.イエローを主役にしたコーデの場合

上の写真のようなベージュのトレンチにイエローのストールを合わせるコーデでは、やはり目元にイエローを取り入れたいところ。とはいえ、イエローのアイライナーではポップになりすぎて年齢を選ぶことに。そのため薄づきのアイシャドウで取り入れるのが◎。

イエローなどの明るめの色を単色使いすると、まぶたが腫れぼったく見えてしまうことがあるので、ベージュ系パレットやブラウンアイシャドウと組み合わせるのがオススメです。

ベージュ系パレットかブラウン系アイシャドウなら所持している人が多いのでは?ない人はこの機会に買っておくと季節を問わず、使いまわすことができるのでオススメです。

イエローにはオレンジ系のリップが相性抜群!オレンジが苦手な人はコーラルピンクや透け感のある赤リップを合わせてもOK。チークはコーラルピンクやベージュ、オレンジなど手持ちのもので構いません。目元と口元を繋げられるようなものがベスト。


・ベージュ系アイシャドウ
ルナソル スパークリングアイズ(#01) 税抜価格5,000円

・イエローアイシャドウ
パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールショウ モノ(#545) 税抜価格:3,600円

・グリーンアイライナー
ボビィ ブラウン ロングウェア ジェルアイライナー(#14) 税抜価格:3,100円

・ピーチチーク
キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー(#01) 税抜価格:3,000円(レフィルのみ)
※ケース・ブラシ それぞれ税抜価格:2,000円

・オレンジリップ
ルナソル シアーアクアスティックリップス(#01) 税抜価格:2,500円

ちなみにイエローはミントグリーンやオレンジに置き換えることができます。

2.ピンクを主役にしたコーデの場合

ピンクといってもいろんなピンクがあります。そのため、肌のトーンに合わせて誰もが自分に似合うピンクがあるといっても過言ではありません。ただし、年齢にふさわしいピンク、ピンクのまとい方というものもあるので、自分に似合うものを慎重に見極める必要があります。

淡いピンクのワンピースを主役にしたコーデの時、ピンクをまとうのは目元でも口元でも頬でも似合っていればどこでもOK。ただし、目元にまとう時には、手持ちのパレットにあるブラウンやグレーなどのアイシャドウを締め色に使いましょう。

また、メイクにメリハリは必要です。全てを淡いピンクでまとめては寂しい印象に見えたり、ぼやけた印象になってしまいます。そのため、鮮やかに発色するリップを取り入れたり、アイシャドウの締め色を幅広に入れたりして調整しましょう。

ピンクのアイシャドウを主役にした時のメイク例は下の写真の通り。

・ピンク×ブラウンアイシャドウ
エクセル スキニーリッチシャドウ(#SR05) 税抜価格:1,500円

・プラムレッドのアイライナー
ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー(#BR321) 税抜価格:950円

・プラムレッドのチーク
エトヴォス ミネラルクリアリップ&チーク(#プラムレッド) 税抜価格:3,500円

・朱赤を思わせるシアーな赤リップ
シャネル ルージュ ココ グロス(#756) 税抜価格:3,600円

メイクアイテムというのは、たくさん持っているとそれだけメイクの幅が広がりますが、マルチに使えるアイテムを複数持っているとそれだけでかなりのパターンのメイクが楽しめます。

ベージュのアイシャドウパレット、コーラル系のチークやリップを持っていると組み合わせを変えたり、1アイテム付け足すだけで春らしい顔に仕上げることができます。

ぜひ手持ちのコスメを活かしつつ、春のメイクを楽しんでください。

【あなたにおすすめの記事】
■2018年春♡「SUQQU」新作コスメのメイクレビュー!
■塗り方次第で印象が変わる!アイシャドウ1つでもっと楽しむ♪
■愛されメイク特集♡大人女子にオススメのトレンドメイク3選
■美人を生み出すメイクボックスの作り方
■金運を引き寄せるメイクのポイントとは!?


執筆者:遠藤幸子

更新日:2018年2月13日


12

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録