アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

カンタン!なめらかミルクプリンを作るコツ&ひな祭りアレンジ

手軽にゼラチンで固めてできるミルクプリン。ひなまつりにもぴったりな層になったアレンジレシピもご紹介します。

目次

作り方のポイント

牛乳に生クリームを加えて、ゼラチンはギリギリ固まる分量でつるんとぷるんとなめらかな食感。ポイントは生クリームの油脂をきちんとなじませるために氷水でしっかりと冷やしてからグラスや型に入れることです。

ミルクの甘い香りには甘酸っぱいベリーが合います。ラズベリーソースやいちごソース、フレッシュないちごや冷凍のベリーを添えて食べると美味しいです。

ミルクプリンの作り方

材料

牛乳 200g
生クリーム 50g
グラニュー糖 30g
板ゼラチン 3g

板ゼラチンは氷水に15分ほどつけておきます。

作り方

① 牛乳にグラニュー糖を加えて火にかけます。

② ①が沸いたら生クリームを加え混ぜます。

③ ②に水気をきった板ゼラチンを入れます。 よく混ぜ、一度漉します。

④ 氷水を張ったボールに当てて、とろみがつくまで冷やします。

⑤ 型に流し入れて冷蔵庫で一晩冷やして固めます。

⑥ 食べるときにフルーツやソースをかけていただきます。

今回は次で紹介するひな祭り用に抹茶バージョンも作るのでグラニュー糖にしましたが、きび砂糖やはちみつでも美味しくできます。生クリームを50g配合したレシピになっていますが全量を牛乳にしてもできます。生クリーム36%でも45%でもお好みで使って下さい。

3層にするとひなまつりにピッタリなスイーツに

もうすぐひなまつりですね。簡単だけど見た目に華やかな3層のミルクプリンです。ひなまつりスイーツにいかがですか?

一番下は基本のミルクプリンに抹茶を加えて作ります。上にはレンチンでお手軽にいちごソースを作ってかけます。 それでは作り方です。

作り方(プリン)

基本のミルクプリンの作り方③の手順でプリン液を50g取り分けます。

そこに茶漉しで漉しながら抹茶を2g(小さじ1)いれます。ホイッパーで粉気がなくなるまでしっかり混ぜ込んで下さい。 後は同じでとろみがしっかりつくまで冷やして、グラスにまず抹茶を入れて、その上にプレーンなミルクプリンをそっといれて下さい。

冷蔵庫で一晩冷やします。抹茶は薄茶でいただく飲んで美味しいものを使うと香りと味がいいです。

材料(いちごソース)

いちご 50g
グラニュー糖 10g
レモン汁 5g

作り方(いちごソース)

いちごは小さくカットしてボールにいれ、グラニュー糖とレモン汁も入れます。スプーンで混ぜてラップをせずに500wで20秒~30秒温めます。一度取り出しスプーンで混ぜて再度20秒~30秒温めます。

レンジから出した時はくすんだ赤ですが、空気に触れると色鮮やかになります。

これをよく冷えた2層になってるミルクプリンの上にのせます。

型を変えるとまた違った雰囲気に!

同じミルクプリンをアルミの型に入れて型だししたものです。こちらにもレンチンで作ったいちごソースをかけています。グラスにいれたものとまた違った雰囲気になります。

牛乳とお砂糖とゼラチンがあれば簡単におうちおやつができてしまうミルクプリン、ぜひお試し下さいね。


【あなたにおすすめの記事】
■春の訪れを感じる和菓子「うぐいす餅」でホッと一息♪
不器用でもできる!ラップで巻くだけで簡単可愛い「てまり寿司」
■これが100円!?ピンクでかわいい♡春色食器でひな祭り
■一足お先に春気分、インスタント寄せ植え
■乾燥肌・敏感肌の人にオススメ!保水バリアクリーム


/

この記事の著者

masayo

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録