ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉の描き方 画像

第一印象は眉でキマるって知ってた?「人からこう見られたい」を叶える眉の描き方3選

こんにちは。まゆげの先生Leiです。メイクで顔の印象を変えたいと思うことはありませんか?なりたいイメージはあるけれど、それを実現するのは難しいですよね。実は『眉』の描き方だけでも、見た目の印象をガラッと変えることができるんです。今回は「人からこう見られたい!を叶える眉の描き方」をご紹介していきます。

目次

優しげ眉の描き方

よくあるお悩みが、人から『こわい』と言われるので優しく見える眉にしたいというもの。

元々のお顔立ちが立体的だったり、眉がキリッとしすぎていると力強い印象にみられやすいです。

優しく見える眉の描き方はこちら。

描き方のポイント

① 角度を下げる

② 眉頭に抜け感を出す

③ パウダーでふんわり描く

おすすめアイブロウパウダー

ふんわり発色のアイブロウパウダー。ピンクブラウンがより優しく見せてくれます。

キリッと眉の描き方 

こちらは逆に、優しい・柔らかい顔立ちを、しっかり感のあるキリッとした印象に変えたい方におすすめです。

キリッとした眉だと、ビジネスシーンなどで『仕事ができそう』と思ってもらえるメリットも。

そんなキリッと眉の描き方がこちら。

描き方のポイント

① 角度をつける

② 少しライン感を出す

③ 眉の周りに陰影をつける

おすすめアイブロウペンシル

細めで丁寧に毛を描き足せるアイブロウペンシルです。

大人フェミニン眉の描き方

ファッションやメイクに合わせて、大人っぽく女性らしい雰囲気に見せたい方におすすめなのがアーチ型のフェミニン眉です。

大人フェミニン眉の描き方はこちら。

描き方のポイント

① 少し角度をつける

②  全体に丸みをつくる

③ あたたかみのある色にする

おすすめ赤みアイシャドウ

マット質感で、眉にふんわり重ねるだけでナチュラルに女性らしいカラーにチェンジ。

眉で印象はガラッと変わる

いかがでしたか?今回は3パターンの眉メイクをご紹介しましたが、並べてみるとそれぞれ雰囲気が全然違うのがわかりますね。

今回はイメージに合わせてアイメイクも変えてみました。

ぜひ眉メイクの参考にしてみてください!

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まゆげの先生 Lei

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録