ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
垢抜けメイク アイメイク

垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選

  • 87197 views

こんにちは、RENAです。垢抜け顔やこなれ顔という単語を女性誌で見かけない月はないほど、今やトレンドになってますよね。でも、「こなれ顔」って?どうしたらなれるの?と感じている方も多いはず。今回は、アイメイク・チーク・リップの3つの構成で「こなれ顔」になれちゃうトータルメイクをご紹介していきます♡

目次

アイメイク編

目を大きく見せようとして、濃すぎるアイメイクをしていませんか?

ギラギラすぎるラメに、マスカラを大量につけたことでひじきのようになってしまったまつ毛、濃すぎるアイラインに白すぎる涙袋…。まるでギャルのような濃いアイメイクは「こなれ顔」にはNGです!

「こなれ顔」になるには、どこか抜け感のある派手過ぎないカラーメイクがポイントです。

使用するアイテム

アイシャドウ:BABYMEE ニュアンスカラーシャドウ アンバーグロウ・ボルドーブラウン・ネイルピンク
アイライナー:デジャヴ ラスティンファインE クリームペンシル モーヴブラウン
マスカラ:BABYMEE ニュアンスカラーマスカラ モスブラウン

アイシャドウはくすみカラーを使用することで、カラーシャドウなのに頑張りすぎてない、こなれ感が出ます。

「BABYMEE ニュアンスカラーシャドウ アンバーグロウ」をアイホール全体に指でするすると塗ります。ブラシやチップではなく指でぼかしながら塗ることで、抜け感を出すことができます。

「BABYMEE ニュアンスカラーシャドウ ボルドーブラウン」を、二重幅と下まぶたのキワにのせます。

こちらもアイホール同様、上まぶたは指でぼかしながら抜け感を演出。

下まぶたにはアイライナーを使用しない代わりに、チップでしっかりとのせます。

「デジャヴ ラスティンファインE クリームペンシル モーヴブラウン」を、上まぶたのまつ毛の間を埋めるようにして引きます。

こちらのカラーはブラックよりもシアーなのに、ブラウンほどナチュラルすぎないグレイッシュな絶妙カラーです。

涙袋は白すぎると浮いてしまい、不自然に見えてしまいます。

肌なじみの良い少しピンクみのあるくすみベージュカラーを使用することで、自然な涙袋を作ることができます。

マスカラはグレイッシュなブラックを使用することで、深みがあるのに濃すぎない目元を演出することができます。

何回も重ね付けしてしまうと、ひじきのようなカピカピまつ毛になってしまうのでNGです!

根元からグッとまつ毛を立ち上げるように、放射線状にまつ毛1本1本を伸ばすようなイメージで塗ります。

カラーメイクだけど派手すぎない、華やかだけどどこかスキのある「こなれアイメイク」の完成です。

チーク編

「こなれ顔」になるためのチークの入れ方は、少し血色感が出るぐらいがおすすめです。

ポイントはチークをどこに入れるかです。

使用するアイテム

チーク:サナ エクセル オーラティック ブラッシュ AB01 ピーチ&ピーチ
ハイライト:コスメデコルテ ディップイン グロウ

小鼻から耳の中央を結んだ位置と、黒目の外側からまっすぐに下がった位置にある起点を中心としてチークをいれると自然に仕上がります。

また、1色だけでなく何色かがひとつになったチークを使用することで簡単にグラデーションが作れ、内側からじゅわっと発色しているような血色感がでます。

目尻の下とチークの間にハイライトを入れることで、ツヤ感をプラスして小顔に見せてくれます。

リップ編

マスクをつけたり外したりしていると、せっかくリップをしていても落ちてしまいますよね。

マスクを外すたびにリップを塗り直すなんて面倒くさい…そんなときにおすすめなのがリップティントです。

使用するアイテム

CELEFIT STAR FIT LIP TINT #02

口紅やグロスであれば、そのまま唇にベタ塗り!なんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、リップティントでチップをそのままベタ塗りしてしまうと、まるで昭和のようなバブリーな唇に。

リップティントを使いたいけど「こなれ感」も出したいという方に向けて、塗り方をレクチャーしていきたいと思います♡

リップティントを塗る前にコンシーラーで下準備を!

コンシーラーを唇に塗ると乾燥しやすくなるので、必ずリップバームなどで保湿してから塗ってくださいね。

チップでベタ塗りせずに5点置きします。

画像では上唇に2点、下唇に3点置いていますが、自身の唇の大きさに合わせて調節してください。

唇を「んまっ」というように、上唇と下唇を合わせてぼかしていきます。

このときに、上唇と下唇をこすり合わせるのではなく、軽く唇を合わせる程度にするのがポイントです。

内側から外側にかけて、指でぽんぽんとぼかしていきます。

唇からはみ出た部分を綿棒で直します。

ベタ塗りせずにぼかしながら塗ることで、リップティントなのに浮かずに「こなれ感」が出ます。

「垢抜けたこなれ顔」のトータルメイクをご紹介しましたが、いかがでしたか?

トレンドをおさえながら抜け感のある女性に変身してみてください♡

「#メイク術」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

RENA

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録