読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

アカデミー賞の作品賞(2017年度)ノミネート作品を徹底解説!後編

映画ファン注目のアカデミー賞授賞式。今年は、2月27日午前(日本時間)に開催されます。今回のコラムでは「作品賞」ノミネートの中から注目の4本を、映画解説者の中井圭さんが2回に分けて紹介してくださいます。後編は、SF映画『メッセージ』と、ケイシー・アフレック主演映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』です。

このコラムにありがとう

目次


前編の2本はこちらからどうぞ

この記事で紹介されている映画の上映時間

  • 『メッセージ』116分
  • 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』137分

後編の2本は鬼門のSF作品と主演男優賞ノミネートのあの作品

2017年2月27日午前(日本時間)より開催される第89回アカデミー賞授賞式。ハリウッドを中心とした映画の祭典は、世界三大映画祭と言われるカンヌ、ベルリン、ベネチアと比較しても、世間に極めて高い知名度を誇り、世界中の映画ファンがオスカー像の行方を見守っています。

ただ、日本ではアカデミー賞は少し縁遠い部分があります。なぜならノミネートされている多くの作品が、アカデミー賞授賞式時点では日本で公開していないのです。作品をよく知らなければ授賞式を楽しむことも難しいのは仕方のないこと。

そこで、本コラムでは、今回のアカデミー賞授賞式を楽しむために、アカデミー賞授賞式の最後に発表される、最高賞的位置づけとなる作品賞ノミネートの中から、まだ観ていなくても雰囲気が分かるよう、注目作を4本ご紹介します。

前編に続き、後編の2本は、アカデミー賞では“鬼門”とされているSF映画の『メッセージ』と、主演男優賞候補とも名高いケイシー・アフレック主演映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』です。

『メッセージ』(8部門ノミネート)

SF映画にとって、アカデミー賞は鬼門とされています。これまでも、いくつものSF映画の傑作がアカデミー賞で受賞を逃してきました。しかし、今回のアカデミー賞作品賞の台風の目になりうるのが、現在『ブレードランナー2049』や『デューン/砂の惑星』のリメイクも任され、世界的に注目を集めているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF新作『メッセージ』。

本作は、テッド・チャンのSF短編『あなたの人生の物語』を映画化したもので、ある日、地球上に12個の飛翔体がやってくることで物語は動き出します。

栗山米菓のヒット菓子『ばかうけ』のようなルックでありながら、人類に理解不能な高度なテクノロジーを見せるなど、明らかに地球外生命体の存在を示唆する飛翔体に世界各国がパニックに陥る中、彼らが何のために地球にやってきたのかを理解すべく、言語学者ルイーズがアメリカ政府に呼び出されて、彼らの言語の解析にあたることになります。

この作品が素晴らしいのは、SFというジャンルでありつつも、その主題は人生哲学を問いかけているという点でしょう。与えられた運命に対して、人はどのように向き合って生きていくのか。巨大な飛翔体の中にいる何かとの対話を通じて、自分の内なる人生哲学を確立する物語なのです。

SFが不利といわれるアカデミー賞にありながら、受賞の可能性を感じさせる最も大きな理由は、アカデミー会員が、トランプ大統領の示す排外主義的態度に対して、作品賞という形で自分たちのメッセージを表明する可能性があるのです。

今回のノミネーション作品の中でも、世界の連帯が試される内容の本作は、トランプ大統領に対する強烈なメッセージになると思われます。作品が素晴らしいのはもちろん、時代とかみ合った作品といえるでしょう。

『メッセージ』
5月19日(金) 全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(6部門ノミネート)

第89回アカデミー賞作品賞ノミネートの注目作として最後にご紹介するのが、ケイシー・アフレック主演の映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』。この作品は、ある家族の喪失と再生の物語。テーマだけを聞くとよくある話ですが、本作はアカデミー賞にノミネートされるだけの奥行きを持ち、繊細な練りこみがなされています。

ボストンにひとりで誰とも関わらずに生きる便利屋の男リーは、心を開いていた兄の死を告げられて、急遽、生まれ故郷である港町マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ることになります。後見人として、16歳になる兄の息子の面倒を見ることになったリーは、彼自身がこの街で過去に背負った悲劇と改めて向き合うことになります。

本作は、善き男でありながら決して受け入れることのできない壮絶な過去を抱えて心を閉ざした叔父と、父を亡くしてしまった青春真っ只中の多感な甥の再生を描いていますが、その心情描写には誠実さを感じます。

つまり、人間はそんなに単純なものではないということを、喪失と再生の過程ではっきりと感じさせてくれます。きっかけとなる何かが起きたからといって、人は簡単に立ち直れるわけではなく、一歩一歩ゆっくりと、もがき苦しみながらでしか前に進めないことだってある。

本作は、物語の構成として突如明らかになるリーの苦悩と葛藤に、観客は彼の再生が困難であることの現実を知り、一進一退それでもほんの少しでも前に進もうとする姿に、かすかな希望と再生を感じるのです。

複雑で今にも壊れそうな心情への映画の寄り添い方に、観客は映画の誠実さを感じるのです。今回のアカデミー賞では、作品賞よりも主演男優賞などが近いのかもしれませんが、必見の一本です。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
監督・脚本:ケネス・ロナーガン
出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード
2016年/アメリカ/137分
ユニバーサル作品
配給:ビターズ・エンド/パルコ

5月13日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
(C) 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.


執筆者:中井圭

更新日:2017年2月21日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録